Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>イベント>《サモトラケのニケ》の修復と大階段の改修工事

感謝:

《サモトラケのニケ》の修復及びダリュの大階段の改修は、主要メセナである日本テレビホールディングスと、古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門の長年にわたるメセナであるF. Marc Ladreit de Lacharrière (Fimalac)と、Bank of America Merrill Lynch Art Conservation Projectからのご支援をいただいています。

 

サモトラケのニケ寄付キャンペーンへ貢献をいただいた以下の方々に御礼申し上げます。Terre de Cultures寄付基金、Koba Films、 Laboratoires Mayoly Spindler、 Paris on the Way Centre Culturel Hellénique、 Lewis Childsのご家族、 Philippe Forestier、 Jean-Marie Lecomte

6900名にのぼる個人の方々。またキャンペーンにご協力頂いたルーヴル友の会にも感謝します。

 

201393日、《サモトラケのニケ》の修復とダリュの階段の大規模な改修工事がスタートしました。通常の展示場所を離れて修復が行われるため、20139月から2014年夏まで作品を見ることはできません。また、階段の改修工事は1年半以上に及びます。
 

紀元前2世紀に制作され、19世紀にサモトラキ島で発見された、このギリシア彫刻の傑作は、勝利を告げる女神を表し、船のへさきに置かれていました。

船形の台座から女神像を降ろし、船形の台座とさらにその下の台座を構成する23個のブロックを解体します。解体したブロックの汚れを落とし、組み立て方を再検証した後、所蔵庫に保管されていたいくつかの断片を組み入れます。女神像と船の間に、セメントのブロックが置かれていましたが、学術的に不適切だと判明したため、修復後はこのブロックは取り外されます。

フランス美術館研究修復センター(C2RMF)と共に、この彫像の保存状態をさらに詳しく解析するプログラムが予定されています。プログラム全体を通して、すべての作業は、フランス内外の専門家で構成された国際的な委員会の監督下で行われます。

《サモトラケのニケ》の美しさを最大限に引き立たせるダリュの階段は、壁や床、天井、手すりなどを含む、全面的な改修工事が2015年まで行われます。

2013年9月、《サモトラケのニケ》の解体と移動から始まるこの長期にわたる修復と改修工事のプロジェクトでは、作品の再設置が2014年の夏に予定されています。ダリュの階段と周辺の改修を終え一新された空間全体のお披露目は、2015年春となります。

 

コミッショナー: ジャン=リュック・マルティネズ(ルーヴル美術館館長)
マリアンヌ・アミオ(古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門学術研究者)
リュドヴィック・ロジエ(古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門学術研究者)
修復作業監督:ダニエル・イブレッド

改修工事:ルーヴル美術館建築・ミュゼオグラフィー・技術部門
改修工事監督:ミシェル・グタル(歴史的建造物委員会主任建築家)

コミッショナー: ジャン=リュック・マルティネズ(ルーヴル美術館館長)
マリアンヌ・アミオ(古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門学術研究者)
リュドヴィック・ロジエ(古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門学術研究者)
修復作業監督:ダニエル・イブレッド

改修工事:ルーヴル美術館建築・ミュゼオグラフィー・技術部門
改修工事監督:ミシェル・グタル(歴史的建造物委員会主任建築家)

コメントを残す

コメントを投稿するには、My ルーヴルのアカウントが必要です。
サインイン | アカウントを作る

来館情報

ギリシア彫刻の傑作《サモトラケのニケ》(紀元前2世紀制作)は、2014年夏まで修復のため見ることができません。


2014年夏まで続く修復作業の舞台裏を引き続きご覧いただけますwww.louvresamothrace.jp