Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>バリアフリー情報

バリアフリー情報

ルーヴル美術館は、障害をお持ちの来館者へのバリアフリー対策に取り組んでいます。

ハンディキャップに関する2005年の法律により、ルーヴル美術館はより快適で最適な見学をご提供できるよう努めてきました。美術館のすべてのスペース、すべての見学コースにおいて、特別な受入措置を取っています。

  • ルーヴル美術館のバリアフリー見学

個人で見学する

ルーヴルの季刊誌では、文化活動やイベントなど、多彩なプログラムをご紹介しています。障害のタイプによって参加できる活動が異なります。事前にお確かめ下さい。

- 触れて感じる見学、描写付きの見学(仏)、手話(仏)、読唇術(仏)、キュードスピーチ(仏)での見学など、様々なタイプの見学をご提案しています。
- 文化活動を紹介する季刊誌 (仏)
- 個人での見学スケジュール (仏)

見学のツール
- 車椅子利用者など、歩行困難な方への館内見取り図と展示室の開閉スケジュールを使って、見学の準備をすることができます。
見取り図と館内のご案内(英文) 

- マルチメディアガイドをご利用になると、ルーヴルのコレクションを自由に見学できます。
マルチメディアガイドに関する情報とご予約

- 触れて感じる彫刻ギャラリーは、美術作品に触れて鑑賞できる館内唯一の場所です。

- ご希望の方には、インフォメーションカウンターから彫刻ギャラリー、カルーゼルのパーキング、一番近くのタクシー乗り場まで、係りがお連れいたします。

- 障害をお持ちの方を対象とした見学の手引き(仏)では、見学の準備に必要な情報を集めています。
障害をお持ちの方の見学の手引き(1,66 Mo)

グループでの見学

グループでの見学に関する詳細は、「プロフェッショナル&団体」のページをご覧ください。

Events and exhibitions calendar
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

すべてのプログラムを見る

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する