Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>世界の中のルーヴル>ルーヴル・ランス

ルーヴル・ランス ランスに集合 !

2012年12月4日に開館したルーヴル美術館ランス別館は、ルーヴル美術館の新しい歴史の幕開けを飾りました。ルーヴル美術館のコレクションと知見は、フランス革命のさなかの創立以来、フランスの国家全体ために役立てられてきました。19世紀には既に、シャプタル(ナポレオン時代の内相)が、ルーヴル美術館が地方に負っている役割について言及していました。今日、ようやくそれが現実のものとなったのです。

ランスが選ばれた理由

この200年に及ぶ地域政治の伝統を再生・活性化するため、ルーヴル美術館は2003年に今までになかった形の別館の着想を始めます。作品の貸し出しやノウハウの提供といった従来の形式とは異なり、ルーヴルの外、遠く離れた場所に、新たな施設を作ることにしたのです。

ランスの町はその場所に最適であるように思われました。ヨーロッパの交通の要所であり、市街地に適当な空地があり、戦争と炭鉱の廃止により荒廃した町でした。ルーヴル・ランスは、地方を再生化する試みです。また、コレクションを別の視点から見つめ直す試みでもあり、作品の展示ならびに来館者の受け入れに伴う難題を、秀逸な建築の中でどのように適合させていくかを図る試みでもあります。


建築

本プロジェクトの建築を担当したSANAA事務所の妹島和世氏と西沢立衛氏は、5棟の建物が織りなす象徴体系を「河に浮かぶ舟がお互いにそっと寄り添ってつながった」様と表現しています。定期的に入れ替えられる作品群は、2棟の主要な建物に展示されます。その中心を成す「時のギャラリー」では、天井から光を取り入れています。ノール・パ・ド・カレー地方議会議長ダニエル・ペルシュロン氏は、「光の反射、光沢のあるアルミのファサード、ランドスケープアーキテクトであるカトリーヌ・モスバック氏が手掛けた素晴らしい公園の中での建物の配置、そのすべてがこの柔らかな輪郭を持つ詩的な設計を形成している」と述べています。

「透明感」、それがこのルーヴル美術館の北の別館のライトモチーフです。この別館では、これまでパリでしか鑑賞できなかった傑作が展示されます。この透明で、多方向へ開かれているガラスの館は、通り抜け可能な構造を通じて、町の異なる地区を結びつける役割も担っています。新しい美術館のヴィジョンにふさわしい、新しい建築手法です。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する