Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>イベント>ルーヴル美術館展地中海 四千年のものがたり

今夏、ルーヴルのコレクションから「地中海」をテーマに選ばれた300点近くの作品を集めた展覧会が、東京都美術館で開催されます。

2013年7月20日から9月23日まで

古代よりエジプト文明やエーゲ文明が花開き、後に西洋の古典の礎となるギリシア・ローマ文明が誕生した地中海。ルーヴルにはこれらの文明の遺産が集積されています。本展は、西洋と東洋の文化がダイナミックに交差する場でもあった「地中海」をテーマとして、古代から19世紀まで、四千年におよぶ「時間と地域を超える旅」に誘います。

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術、古代エジプト美術、古代オリエント美術、イスラム美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画の全8美術部門が、総力を挙げて「地中海」をテーマに企画。300点近くの多彩な作品で地中海世界をご紹介します。

コミッショナー: ジャン=リュック・マルティネズ(ルーヴル美術館館長)
主催:東京都美術館、ルーヴル美術館、日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション

コメントを残す

コメントを投稿するには、My ルーヴルのアカウントが必要です。
サインイン | アカウントを作る

来館情報

会期・会場
2013年7月20日(土)~9月23日(月・祝)
東京都美術館(上野公園内)

(休館日、開館時間、入場料金等詳細は
展覧会のウェブサイトをご覧ください)