Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>ルーヴル美術館をご支援ください>皆様のご寄付により実現したプロジェクト>美術教育ワークショップ

美術教育ワークショップ

type 1 JP - 2011年1月1日

ルーヴル美術館は、美術教育のワークショップを通して、美術作品をいつもと違う視点から学ぶこと、作品を制作するために芸術家たちが使った造形の技術などを、体験しながら理解することを子どもたちに教えます。

Ateliers pédagogiques pour les enfants

Ateliers pédagogiques pour les enfants

© Musée du Louvre

ワークショップは、展示室に行き、作品をじっくりと見る時間とワークショップの教室で実践・体験する時間で構成されます。

アーティスト(造形アーティスト、語り手、空間演出家など)や、美術史、建築家、演劇のプロなどが進行するワークショップでは、「彫刻を真似てみよう」 「光はどこから来るの?」「日常の中に美しいものを見つけよう」など、多彩なテーマを取り上げています。こうして、子どもたちは美術を体験し、鑑賞力が育 ちます。

ルーヴル美術館は、この美術教育のワークショップの内容をさらに充実させられるよう、パートナー企業あるいは財団を探しています。

企業の皆様
ルーヴルのプロジェクトをご支援ください。

 

来館情報

メセナに関する情報
フランス語または英語でお問い合わせください。

Krystyna Pieter
Tel : +33 (0(1 40 20 57 92
メール : mecenat@louvre.fr