Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>工芸品

コレクションと学芸部門 工芸品部門

美術工芸部門では、形や素材、時代も様々な作品が織りなす世界を紹介しています。宝飾品、金銀細工、エマイユ(七宝)、象牙細工、ブロンズ作品、堅石細工、陶磁器、ガラス細工、ステンドグラス、調度品、タピスリーなど、中世初期から19世紀前半までの作品を所蔵しています。

リストに戻る

歴史とともに歩んだ初期のコレクション

国民公会が定めた1793年7月27日の法令に基づき、ルーヴル宮に中央芸術博物館が創設された時、王室調度品に由来する美術工芸品をルーヴルに収めることがすでに予定されていました。小型のブロンズ作品と王冠の宝石が、1796年にコレクションに加わりました。同年、サント・シャペル至宝や、サン・ドニ修道院長シュジェールが集めた壺、フランス王の聖別式で用いる王権の象徴《レガリア》などが収蔵されました。また、1794年の法令で亡命貴族から没収した財産を美術館に収めることが認められたため、コレクションはさらに充実しました。この初期のコレクションは、革命期や第一帝政期に獲得した品々、《楯》、《シャルル9世の兜》などの購入により、ますます豊かなものになっていきました。

1802年、ドミニク=ヴィヴァン・ドゥノンが中央芸術博物館の館長に就任した当時、美術工芸品は、古代美術部門のコレクションの一部でした。古代美術部門は、エンニオ・クイリーノ・ヴィスコンティが、彼の死後、1818年からはクララック伯爵が管理していました。その間、諸般の事情により、初期のコレクションは縮小されました。例えば、1798年には、サン・ドニ修道院からもたらされた16作品が売却されました。ナポレオン1世は、自分の宮殿用に、コレクションの中から作品を徴用することもありました。1815年には、ナポレオンが接収した作品の返却が行われました。

19世紀、コレクションの拡充

王政復古期には、積極的な蒐集活動が行われました。裕福な美術愛好家エドム=アントワーヌ・デュランのコレクション(1825年)や、画家ピエール・レヴォワルのコレクション(1828年)など、数多くの作品が加わり、ルーヴルの美術工芸品のコレクションは、中世とルネサンスにおける様々な技法を駆使した作品を集めた豊かなものになりました。

国王ルイ=フィリップの時代には、こうした蒐集の方針は踏襲されませんでしたが、ルーヴルは、1830年に消滅した聖霊騎士団の至宝をコレクションに収めることができました。1847年にクララック伯爵が亡くなると、彫刻と古代ギリシア・ローマ美術のコレクションに統合されていた美術工芸品のコレクションは、ラボルド侯爵に託されましたが、侯爵は1854年に辞任しています。

第二帝政期の1852年2月15日、ナポレオン3世は、ルーヴルのコレクションや、王立調度品保管所、フランス国立図書館から徴収した、キルデリクからルイ=フィリップに至るまでの君主制の歴史にまつわる作品を再編成し、君主たちの美術館を創設しました。短命ではありましたが、この美術館の創設により、美術工芸品のコレクションはさらに拡大しました。オラス・ド・ヴィエル=カステル伯爵が学芸員を務め、1863年にはアンリ・バルベ・ド・ジュイが引き継ぎました。この時代にコレクションは非常に豊かになり、ソヴァジョ・コレクション(1856年)やカンパーナ・コレクション(1861年)が加わりました。

1870年以降、チュイルリー宮殿やサン=クルー城の火災から逃れた調度品やオブジェなど、モビリエ・ナショナルからの相次ぐ寄贈により、コレクションは17世紀、18世紀へと拡がっていきました。君主たちの美術館は1872年に廃止され、美術工芸品は、再び、彫刻部門に統合されました。バルベ・ド・ジュイに次いでエドモン・サグリオが管理を任されました。この状態は、美術工芸部門が独立する1893年まで続きました。1901年には、18世紀の調度品の新しい展示室が、エミール・モリニエにより設置されました。

寄贈・遺贈・代物弁済による大型コレクションの発展

19世紀末から20世紀にかけて、あまたの大型コレクションが寄贈また遺贈されました。ルーヴル友の会からも、定期的な寄付が行われています。

1880年のティエール夫人からの遺贈、続いて1922年のサロモン・ド・ロスチャイルド男爵夫人の遺贈は、ルネサンス期の作品と18世紀の宝飾品と陶磁器を集めたものでした。時代別のコレクションは、やはり中世とルネサンスの時代(ダヴィリエ、アドルフ・ド・ロスチャイルド、およびアルコナーティ・ヴィスコンティの各コレクション)が好まれ、一方、18世紀のコレクションは、イザック・ド・カモンド、バジール・ド・シュリヒティングなどの素晴らしいコレクションで構成されました。この貴重なコレクションは、戦後、ダヴィッド・ダヴィッド=ヴェイル夫妻(1946年)、スタヴロス・S・ニアルコス(1955年)、グロッグ=カルヴェン夫妻(1973年)など、多くの方からの寄贈により、益々充実していきます。1972年以降は、国への代物弁済により、作品が収蔵されるようになります。

1981年には大蔵省の移転により解放されたスペースが美術工芸品部門に宛がわれ、コレクションは、リシュリュー翼に展示されます。1993年、中世とルネサンスの新展示室がオープンしました。ナポレオン3世が改装した歴史的価値の高い居室群に隣接するスペースは、19世紀の作品の展示室となり、1999年に一般に公開されました。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する