Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>絵画

コレクションと学芸部門 絵画部門

絵画部門は13世紀から1848年に至るまでのヨーロッパ絵画のあらゆる流派を代表する作品群によって、ルーヴル美術館の百科にわたる規模を反映しています。各々のコレクションの研究とその展示配置は、著名な専門家から成る12人の学芸員に委ねられています。

リストに戻る