Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>クリスティアン・ミロヴァノフ

ルーヴル美術館では4年前より現代写真家を招いています。今年はアルルの国立写真学校で教鞭をとるクリスティアン・ミロヴァノフ氏を迎えます。

写真という手段を使って、煉瓦のフリーズ、浅浮彫り、貫通孔のある浮彫り、石碑など古代オリエント美術作品の断片から、現代美術が大いに発展させた絵画や映画のモチーフの再発見を試みます。

コミッショナー: Marie-Laure Bernadac(ルーヴル美術館現代美術プロジェクト担当学芸員)

来館情報

場所

シュリー翼 半地階