Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>ビーダーマイヤーの様式美

ウィーン、プラハ 1815-1830年

ナポレオン戦争の後に訪れた平和の時代、1815年から1848年にかけて中央ヨーロッパで広がったビーダーマイヤー美術は、新古典主義を受け継ぐ美の様式です。簡素でありながら独創性にあふれた大変オリジナルなビーダーマイヤー様式をご堪能ください。

 

コミッショナー: マルク・バスク(ルーヴル美術館工芸品部門長)

来館情報

場所

シュリー翼ラ・シャペル

料金

常設展チケットで観覧可