Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>マンテーニャ、1431-1506年

北イタリアにおけるルネサンス期の卓越した画家マンテーニャの大規模な回顧展を開催。フランスで初めてとなるこの大回顧展では、ルーヴルのコレクションに加え、今回特別に貸し出されることになった貴重な作品を豊富に集めました。

マンテーニャは、15世紀後半、イタリアのパドヴァやヴェローナ、マントヴァで活動しました。この展覧会では、様々な技法を使った作品を通して、マンテーニャの画家としての人生を主要な時期に分けてご紹介します。マンテーニャが同時代の芸術家たちに与えた影響や、早いうちからヨーロッパ全土に広まった彼の芸術をご覧ください。

この展覧会は、Eniのご支援とDeloitteのご協力をいただいています。

会場の塗装:Farrow&Ball

メディア協力:Directmatin, France Inter, Paris Match, Paris Première, Metrobus et Thalys

コミッショナー: コミッショナー:Giovanni Agosti(ミラノ国立大学)、Dominique Thiébaut(ルーヴル美術館)

来館情報

場所

ナポレオンホール

時間

火曜休館日を除く毎日9時~18時(土:~20時、水・金:~22時)