Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>メディチ家支配末期(1620-1720年)のフィレンツェ派の素描

企画展 メディチ家支配末期(1620-1720年)のフィレンツェ派の素描

2005年5月12日から2005年8月15日まで

素描・版画部門の企画展

1806年、ルーヴル美術館初代館長ドミニク=ヴィヴァン・ドゥノンは、フィレンツェ派の素描の大変豊かなコレクションを収蔵しました。16世紀から18世紀のトスカーナ地方の素描目録第2巻の出版を記念して、約60点の傑作を展示しました。

来館情報

時間

 

場所

ドゥノン翼2階

料金