Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>ルーヴルでブレゲを 時を計る芸術

ブレゲ。精密時計製造の分野ではもはや神話的ともいえる存在でしょう。

企画展のミニサイト

その名に付随する名声は、傑出したある人物の個性によります:アブラアン=ルイ・ブレゲは、1747年にヌーシャテルで生まれ、1775年にパリに工房を構えました。並外れた発明家、技術者であった彼は、独自のスタイルの開発者、巧みな企業家としてもヨーロッパ全域にその名を広めていきました。美的にも技術的にも完成度の高いものを一定して作り続けていたことは、彼の時計職人としての人生に如実に表れています。まさに絵に描いたような成功によって、彼の店は時の支配者やヨーロッパの政治、軍部、学術、経済あらゆる幹部御用達の業者となりました。1823年にこの世を去ったときには、時計製造の芸術、技術的側面において彼が果たした革新的な役割は、すでに万人が認めるものでした。

この展覧会は、Montres Breguet SAのご支援をいただいています。

コミッショナー: Marc Bascou(ルーヴル美術館美術工芸品部長)

来館情報

場所

シュリー翼ラ・シャペル展示室