Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>小さなデッサン展-漫画の世界でルーヴルを

企画展 小さなデッサン展-漫画の世界でルーヴルを

2009年1月22日から2009年4月13日まで

ルーヴル美術館の漫画プロジェクトのシリーズ全体を回顧する企画展。
ルーヴル美術館は、2005年より、Futuropolis社と漫画のアルバムコレクションを作る共同プロジェクトを行っています。このプロジェクトは、漫画家にストーリーの中心となる作品やコレクション、展示室などを選んでもらい、ルーヴル美術館をテーマとした作品を自由に制作してもらう企画です。

ニコラ・ドゥ・クレシー『氷河期』(2005年)、マルク=アントワーヌ・マチュー『レヴォリュ美術館の地下』(2006年)、エリック・リベルジュ『奇数時間に』(2008年9月)、ベルナール・イスレール(2009年5月発表予定)、荒木飛呂彦(2009年発表予定)のオリジナル作品からの原画を展示します。

また、招待作家の未発表のデッサンの展示も予定しており、「ルーヴル美術館の展示室を想像する」をテーマとした漫画とルーヴル美術館の関係を豊かに表現します。

この展覧会はコニカ・ミノルタからの支援をいただいています。

コミッショナー: Fabrice Douar(ルーヴル美術館出版部副部長)、Sébastien Gnaedig (Futuropolis社編集部長)

来館情報

場所

シュリー翼半地階、模型の展示室