Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>アートと教育>ルーペで見る作品

ルーペで見る作品

ルーペで見る作品では、《サモトラケのニケ》や《モナ・リザ》など、ルーヴ ル美術館の主要作品を鑑賞します。イメージや音声、動画を使ったコメントが、作品の歴史的、芸術的背景をわかりやすく説明し、作品の美しさをさらに引き立 てます。「ルーペ」のツールを使うと、絵画や彫刻表現の細部まで見ることができます。
注:現在日本語で提供しているルーペで見る作品は4つです。その他の作品は、フランス語と英語のみの提供となっております。ご了承ください。

  • ルーペで見る作品
« of 3 »

ページごとの表示数5 -10 -15

並び替え: 日付  - タイトル
Psyché ranimée par le baiser de l'Amour - Vignette

《アモルの接吻で蘇るプシュケ》

「ミケランジェロのギャラリー」にある、この甘美な恋人たちの 像の周りに、多くのの来館者が群がっています。翼をつけた青年と物憂いげな乙女が官能的に抱き合いながら唇を重ね、その瞬間は永遠に捉えられていま す・・・彫刻家カノーヴァがこの大理石像に残そうとしたのは、どんな人物だったのでしょうか。 プシュケの物語から作品の構造や素材、様々な視点から18世紀を代表する大理石の彫刻師、カノーヴァの芸術を見てみましょう。
日本語のコンテンツ

La Vierge au Lapin - Vignette

《うさぎの聖母》

ルーペを使って、《うさぎの聖母》を観察しましょう。16世紀に描かれたこの作品は、ルーヴル美術館に所蔵されるティツィアーノの代表的な作品です。ルーヴル美術館の絵画部門の学芸員であるジャン・アベールさんがあなたの案内役を務めます。
日本語のコンテンツ

La Victoire de Samothrace - Vignette

《サモトラケのニケ》

サモトラキ島に存在する偉大な神々を祀った神殿の上方に、女神像が立っていました。この女神像は、船の前部のような形をした奇妙な石の土台の上に置かれていました。
ヘレニズム時代の傑作の謎に迫りましょう。
風に舞うような襞の構成、制作における見事な技術、予想もしなかった女神像の発見、そしてルーヴル美術館の中心での堂々たる展示に至るまでに施された復元・・・。
また、勝利の女神のイメージが、キリスト教美術における天使の表現に、いかにして影響を与えていったのかも見ていきましょう。

この「ルーペで見る《サモトラケのニケ》」は、Financière Marc de Lacharrière (Fimalac) の支援を受けています。
日本語のコンテンツ

Le portrait de la Marquise de Pompadour - Vignette

《ポンパドゥール公爵夫人の肖像》

ルーヴル美術館の所蔵作品の中でも最も美しく最も有名なパステル画のひとつであるポンパドゥール公爵夫人の肖像(モーリス=カンタン・ドラトゥール作)をルーペを使って鑑賞しましょう。ルイ15世の寵妃の生活を通して、啓蒙の世紀を旅しましょう。
英語のコンテンツ

La Danseuse Titeux - Vignette

《ティトォーの踊り子》

ルーヴル美術館に展示されている《ティトォーの踊り子》は、タ ナグラの小像の少し前の時代の古代ギリシアで作られたテラコッタの小像です。前5世紀末から前4世紀初頭までに作られた多くの女性像は、軽やかで透明感の ある衣服によりあらわになった官能的な体の表現をのぞかせています。
英語のコンテンツ

« of 3 »

ページごとの表示数5 -10 -15

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する