Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《キリストの洗礼》

作品 《キリストの洗礼》

素描・版画部門 : 14-15世紀

Le Baptême du Christ

RMN-Grand Palais - Photo Ph. Fuzeau

素描・版画
14-15世紀

執筆:
Grollemund Hélène

《キリスト受洗図》は、マルティン・ショーンガウアー以前の最も傑出した版画家として知られるライン沿岸地方の芸術家、E.S.の画家の作として一般に認められている数少ない素描の一つである。この華麗な素描の制作時期は、作者の画業の初期に当たる1445年から1450年頃に位置づけることができるだろう。二つの版画がその構図を真似ているものの、変更部分がある点や、過剰なまでに細部の描写が加えられている点で、元の素描の精神、またその線描表現の質の高さとはかけ離れている。

洗礼図か?

三つの異なる《キリスト受洗図》では、同一の図像表現が用いられている。イエスはヨルダン川の中に立ち、ほとんど裸である。洗礼者ヨハネは、その左の切り立った岩の上に膝をつき、イエスの髪に洗礼水を注いでいる。右にいる天使はキリストの衣を手に持っている。この場を統べているのは父なる神の像、および聖霊の鳩である。この図像は四人の福音史家によって伝えられる洗礼の物語に合致している。洗礼者ヨハネがヨルダン川でキリストに洗礼を授けようとする時、「天がイエスに向かって開いた。イエスは、神の霊が鳩のように御自分の上に降って来るのを御覧になった。そのとき、『これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が、天から聞こえた」(マタイ第3章、16-17節)。だが、この素描は、人物の間に空気を通わせている、そのはっきりとして均整の取れた構図の見事さにより、二枚の版画とは一線を画している。この空隙は、版画の中では逆に、E.S.の画家が好んだ細部表現によって過剰なまでに埋め尽くされているのである。

それとも三位一体か?

キリスト、聖霊の鳩、および祝福を授けている父なる神は、きわめて正確に素描の中心線上に位置しており、正面向きに描かれている。父なる神と鳩、またキリストの上半身と下に向けられた両手は、三角形をなしている。このように見ると、作者が、キリストの洗礼のほかに、聖三位一体を表わそうとしたと考えることができる。ホルガー・ヤーコプ=フリーゼンの主張するこの三位一体説では、この素描を後の二枚の版画と区別して考えているが、それは、版画においては、真に重きが置かれているのは洗礼であり、キリストは洗礼者聖ヨハネの方を向き、父なる神と鳩は二次的な存在となっているからである。

コンラート・ヴィッツ、ライン上流地方、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン

形態に立体感を与えている、交差する細い線条(ハッチング)は、《皇帝アウグストゥスとティヴォリの巫女》、《苦悩するキリスト》といった、1450年前後に制作されたE.S.の画家の初期版画において用いられた技法と似通っている。この素描のきわめてはっきりとした構図、人物の調和の取れた均衡は、後のニ葉の版画には見られないものであり、作者が他の芸術家の作品を模したものだということが考えられる。コンラート・ヴィッツやその一派の絵画作品に作風が似ていることは、この素描が、ライン上流地方の芸術家である1445年の画家により描かれた祭壇画のうちの、失われた一翼の模写であるとするリリ・フィシェルの説を裏付ける一つの証拠である。なお、この素描を、ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの手になる、ベルリンの洗礼者聖ヨハネの三連祭壇画のうち《キリストの洗礼》を通して世紀半ばに伝わった、フランス=フランドル派の原型に結び付けて考えることも同様に可能である。

出典

- BEVERS Holm, Meister E.S., ein oberrheinischer Kupferstecher der Spätgotik, cat. exp. Munich, Staatliche Graphische Sammlung, Berlin, Kupferstichkabinett, Staatliche Museen Preußischer Kulturbesitz, 1986-1987, notice 15.

- FISCHEL Lili, " Le Maître E.S. et ses sources strasbourgeoises ", in Archives alsaciennes d'histoire de l'art, 14e année, 1935, pp. 185-229.

- FISCHEL Lili, " Werk und Name des " Meisters von 1445 " ", in Zeitschrift für Kunstgeschichte, Band 13, 1950, pp. 105-124.

- NASS Markus, Meister E.S. Studien zu Werk und Wirkung, Frankfurt, 1994 (Europäische Hochschulschriften, Reihe 28, Kunstgeschichte, Band 220).

- SHESTACK Alan, Master E.S., cat. exp. Philadelphie, 1967, notice 83.

- HOLGER Jacob-Friesen, Spätmittelalter am Oberrhein, cat. exp. Karlsruhe, 2001-2002, notice 46.

作品データ

  • E.S.の画家(ライン上流沿岸地方、1425年頃-1467年頃)

    《キリストの洗礼》

    1445-1450年頃

  • ペンおよび黒インク

    縦29 cm、横21.1 cm

  • サン=モリス・コレクション、1793年に亡命貴族の財産として接収の後、1796-1797年に中央美術館に収蔵

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する