Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《ジョルジュ=ルイ・ルクレール、ビュフォン侯爵(1707-1788年)

《ジョルジュ=ルイ・ルクレール、ビュフォン侯爵(1707-1788年)》

© Musée du Louvre/P. Philibert

彫刻
17-18世紀のフランス

執筆:
Montalbetti Valérie

有名な植物学者ビュフォンは、啓蒙時代の人物で、ヴォルテールと同等の名声を得ていた。ウードンは、人物を古典風に、裸で、丸く切断したトルソで表す。ディドロ胸像で生み出した型である。この肖像に、74歳の人物の知的且つ肉体的若さを強調する活発さを刻み込む。

ヨーロッパ全土で賞賛された学者

1739年に王室庭園(後の自然史博物館)の監督官に任命された博物学者のビュフォン侯爵(称号は1771年にルイ15世から授る)は1744年から1788年の間に膨大な『博物史』を執筆した。これは鉱物や動物の世界全体を含めたものである。啓蒙時代に生き、実験に基づいた科学的知識を築き上げようとした。気品のある明確なスタイルで書かれた『自然の諸時期』の1779年の出版はヨーロッパ全土の王侯を含めた教養人の賞賛を巻き起した。
ロシアの女皇帝エカテリーナ2世は彼をニュートンと同じ位置に置いたほどである。女皇帝はウードンにこの博物学者の大理石の肖像を注文した。仲介に入ったのはメルヒオール・グリムである(ディドロの友人で、ヨーロッパの宮廷にパリの知識人の生活を伝えたドイツの作家)。1782年に、肖像はサンクト゠ペテルブルグに送られ、エルミタージュ美術館に入る。ビュフォンはこの旅行には高齢過ぎた為、息子を代理として同伴させた。大理石のレプリカが1783年のサロンに提出されており、これが多分ルーヴルが所蔵する木目模様入りの大理石像である。

豊富なイコノグラフィー

時の有名な肖像作家は既にこの学者をモデルにしており、1761年に画家フランソワ゠ユベール・ドルーエが制作し、また彫刻家では1772年にジャン゠バティスト・ドフェルネ、特に、1776年に主席王室彫刻家のオーギュスタン・パジューが制作している。後者は王室建築局から巨大な立像の注文をうけとり、ビュフォンを古代風に裸でドレープを着せて動物世界を制覇する姿で表した。この像をもとに様々な服装で胸像を3点制作したが、その中の一つは「フランス風」(当時の服を着衣)と呼ばれ、ルーヴルに所蔵されている。

若々しさ溢れる老人

ウードンはビュフォンをも古代風に、肩無しの丸く切断した裸のトルソで制作した。この表現方法は哲学者に使われていたもので、ヴォルテールとディドロの胸像(ルーヴル美術館)に採用した。パジューは天才の印象を与えようするが、ウードンは人間を表現する。モデルは74歳で理想化されていないにもかかわらず、顔や首が力強く若々しさが溢れている。鬘は着用せず、自然な髪は縮れてこめかみの上でカールし、リボンで結ばれている。装飾物は無く、顔に注意が集中する。学者の権威と機知の高さが殆ど傲慢ともいえる頭の姿勢に見られる。胸像には活気があり、顔は左側へ向き(首の筋が突出)、唇は話をしている最中のように半ば開いている。作品の成功を受け、ウードンはいろいろな材料で複製を制作し、その中の一つはフランス風肖像で、シャツの胸元が開いているものである。

出典

- REAU Louis, Houdon, sa vie et son oeuvre, Paris, 1964, tome II, pp.363-365.

- ARNASON H.H., The Sculptures of Houdon, Londres, 1975, pp.64-65.

- Jean-Antoine Houdon, catalogue de l'exposition, Washington, Los Angeles, Versailles, 2003, pp.177-181.

作品データ

  • ジャン゠アントワーヌ・ウードン

    《ジョルジュ=ルイ・ルクレール、ビュフォン侯爵(1707-1788年)》

    1783年のサロン提出作品と確証

  • 大理石

    高さ0.46m、幅0.28m、奥行き0.29m

  • 1881年ガトー遺贈

    R.F. 379

  • 彫刻

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する