Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《スヘヴェニンゲン海岸を行く貴族の一行》

作品 《スヘヴェニンゲン海岸を行く貴族の一行》

絵画部門 : オランダ絵画

《スヘヴェニンゲン海岸を行く貴族の一行》

© 2009 Musée du Louvre / Erich Lessing

絵画
オランダ絵画

執筆:
Collange Adeline

一行は、後にホラント州総督、次いで英国王ともなる、若き日のオラニエ公ウィレム3世と思われる。

干潮時の散策

堂々とした一行が静かなスヘヴェニンゲンの海岸を進んでゆく。一人の騎兵に付き添われた6頭の白馬が引く優雅な四輪馬車が、御者のふるう鞭の鳴る音と共に進んでいる。青いお仕着せに身を包んだ従僕の一人が、砂浜で戯れる2頭の猟犬を追いかけている。この優美な馬車の一行は、おそらく若きオラニエ公ウィレム3世、後のホラント州総督で英国王のものである。潮は引き、村人たちが海岸を散策しており、子供たちは遊び、一人の男は手網(たも)を手に漁から戻ってきたところである。浜に乗り上げた船の帆と、教会の小さな鐘楼の垂直な線が、風景の水平な線によって強調された構図にリズム感を与えている。

細部の緻密な描写

アドリアーン・ファン・デ・ヴェルデはネーデルラント代々の画家の家系に属している。アムステルダムで生まれたアドリアーンは、海洋画と海戦画作家である兄のウィレム・ファン・デ・ヴェルデ(子)の下で学んだ。その後、ハールレムの風景画家ヤン・ウェイナンツのアトリエに入っている。兄の下で細部の明瞭な描写に対する嗜好を養い、パウルス・ポッターの非常に緻密な画風の影響でその傾向はより一層強調された。その結果、全ての事物、一番遠ざかったものでさえもが、非常に精巧に描かれている。画家は斜めの逆光の効果を用いて一行を浮かび立たせ、馬の白さを強調している。

湿った大気の透明感

作品の魅力は、なかでも光の描写の詩的な繊細さにある。1653‐1656年にかけてのイタリア滞在、およびカレル・デュジャルダンやニコラース・ベルヒェムといったイタリア風画家からの決定的な影響によって、ファン・デ・ヴェルデの色階はより暖かな色調と、より柔らかく金色に輝く明るさへと変遷する。画面は、重い白雲が走る巨大な空へと開かれ、太陽はすぐ近くの海の上の湿った大気をきらめかせているかのようだ。ファン・デ・ヴェルデはその比類のない画才によって、明朗な素朴さを自在に表現し、ある時は靄に満ち、ある時は澄み切った海辺の空気の流動性を捉えることが出来るのである。

出典

- LORENZO Annie, BALANDA Marie-Josèphe (de), Le cheval vu par les peintres, Éditions Vilo, 1987.

作品データ

  • アドリアーン・ファン・デ・ヴェルデ (アムステルダム、1636‐1672年)

    《スヘヴェニンゲン海岸を行く貴族の一行》

    1660年

  • 木、油彩 

    縦37cm、横49cm

  • 1784年、ヴォドゥルイユ売り立てにて取得。ルイ16世コレクション。

    INV. 1915

  • 絵画

    リシュリュー翼
    3階
    オランダ 17世紀中頃 ヘラルト・ダウ
    展示室35

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する


作品の補足情報

制作年および署名:A.V. VELDE.F.1660