Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《ピエロ(旧称ジル)》

《ピエロ(旧称ジル)》

© 2007 Musée du Louvre / Angèle Dequier

絵画
フランス絵画

執筆:
Pomarède Vincent

モニュメンタルな存在感がヴァトーの作品の中でも例外的な、この物思いに耽った詩的なピエロは、かつて役者だったベローニが開いたカフェの看板であったと言われている。作品の下部に描かれた笑劇の登場人物たちが、この絵に謎めいた性格を与えている。

悲しげな道化

楽々と描かれ、鮮やかな色彩がさらにその見事さを引き立てているこの絵に、人々はしばしば、「悲しげな道化」を示す、ヴァトー自身が望んだ一種の自画像を見ようとしてきた。実際にこの《ピエロ》が、ヴァトーの友人、もしくは有名な喜劇役者といった実際のモデルを基に描かれた肖像画なのか、または非個性化された寓意なのかを知るのはとりわけ困難である。この謎めいた作品におけるドラマティックな力強さは、動きの欠如、重苦しいほど身じろぎ一つしないモデルと、わずかに仰視のフレーミングから来ている。

イタリア喜劇

この絵はかつて《ジル》と呼ばれていたが、今日はより主題に近い《ピエロ》の方が好まれている。さらに、その主題は明確には定義されていない。カフェもしくは大道芸人の興行のための看板だったのか。それは注文だったのか、それともそれ自体のための絵画だったのか。ピエロという人物が画面全体を占め、空を背景にして浮かび上がっているのに対し、ピエロに伴うイタリア喜劇の登場人物たちは、半身像で葉陰に描かれている。こうして、ロバに跨った医師、レアンドロとイザベラ、恋人たち、隊長といった、イタリア喜劇におけるいつものピエロの相棒のうちの4人が認められる。

ルイ・ラ・カーズによる寄贈

第一帝政期でのナポレオン美術館館長であったドミニック・ヴィヴァン・ドゥノンのコレクションに収蔵されていたこの絵画は、18世紀美術作品の見識ある蒐集家であったルイ・ラ・カーズ博士が取得する。ルイ・ラ・カーズは、1869年にルーヴル美術館に彼のコレクションを遺贈しており、こうして美術館における18世紀フランス絵画コレクションの最初の中核を成すようになった。

作品データ

  • ジャン=アントワーヌ・ヴァトー(ヴァランシエンヌ、1684年-ノジャン・シュル・マルヌ、1721年)

    《ピエロ(旧称ジル)》

    1718-1719年頃

  • 油彩、カンヴァス

    縦1.85m、横1.50m

  • 1869年、ルイ・ラ・カーズ博士による遺贈

    M.I. 1121

  • 絵画

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する