Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《ヘラクレスとオンファレ》

《ヘラクレスとオンファレ》

© 2005 RMN / Gérard Blot

絵画
フランス絵画

執筆:
Pomarède Vincent

リュディアの女王オンファレに魅了されたヘラクレスが、紡ぎ車と錘を手に羊毛を紡ぐはめに陥っている。オンファレは、ギリシアの英雄が仕留めたライオンの毛皮で身を覆い、ヘラクレスの棍棒をいささかきわどい格好で抱え込んでいる。作品の強い官能性と震えるような筆づかいが、ヴェネツィア派の絵画からの影響を表わしている。

歴史

友人の一人を殺害したことに対する罪の償いをしようとするヘラクレスに、アポロンの神託はリュディアの女王オンファレのもとに仕えるようにと告げる。女王は、ゼウスの息子であり無敵の力を持つ英雄に、罪を償うための数々の功業を命じた。そして英雄の逞しい美しさに魅了された女王オンファレは、ヘラクレスを夫として迎える。このギリシア・ローマ神話の主題には数々のヴァリエーションが知られており、イタリアやフランスのマニエリスム絵画や、ルモワーヌに影響を与えたヴェネツィア派の画家たちにも多大なインスピレーションを与えた。フランソワ・ブーシェも、リュディアの女王とヘラクレスの間に生まれた恋の場面を取り上げた作品を制作していることに注目したい。

色彩に対する情熱、ヴェネツィア派への賛美

フランソワ・ブーシェの師で、ヴェルサイユ宮殿の「ヘラクレスの間」の装飾を担ったことで知られるフランソワ・ルモワーヌは、色彩に対する情熱(ルーベンス派の画家たちは、王立アカデミーにおいて17世紀末から続いていた色彩に対する論争に勝利した)と、16世紀ヴェネツィア派の偉大な画家たちへの賛美という絵画における2つの情熱の点で、18世紀の始まりを告げる画家である。この作品はそうした点を見事に要約しているとともに、この2つの特徴は18世紀初頭の絵画に影響を及ぼすことになる。

作品データ

  • フランソワ・ルモワーヌ

    《ヘラクレスとオンファレ》

    1724年

  • 油彩、カンヴァス

    縦1.84 m、横1.49 m

  • 1869年、ルイ・ラ・カーズ博士による遺贈

    M.I. 1086

  • 絵画

    シュリー翼
    3階
    ルイ15世の画家たち
    展示室38

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する