Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《ホラティウス兄弟の誓い》

《ホラティウス兄弟の誓い》

© 2009 Musée du Louvre / Erich Lessing

絵画
フランス絵画

執筆:
François de Vergnette

前7世紀、アルバ人の代表であるクリアトゥス兄弟に挑むためにローマ人によって選ばれたホラティウス三兄弟が、死を賭した勝利を誓っている場面である。兄弟が父から闘いの剣を受け取っている一方、家族の女性たちは悲しみに暮れている。王室の注文によって制作されたダヴィッドのこの作品は、新古典主義という新しい様式を高らかに宣言している。室内の建築は、戦士の姿と同様、幾何学的な厳格さによって支配されている。

ホラティウス家とクリアトゥス家

前7世紀、ローマとアルバの間に繰り広げられた血なまぐさい争いに終止符を打つために、各々の都市が闘士を選出した。こうしてローマはホラティウス兄弟を、アルバはクリアトゥス兄弟を選んだ。その一方で、これら二つの家族は複数の婚姻関係によってつながっていた。ジャック=ルイ・ダヴィッドは戦闘の前のホラティウス兄弟を描いており、兄弟が父に向かって祖国のための死を賭した勝利を誓っているところである。右側では戦いの宣告を前にして、女たちが姉、妻、母としての感情を抑えきれずにいる。クリアトゥス兄弟の姉妹であると同時にホラティウス兄弟の長兄の妻であるサビニと同様、ホラティウスの姉妹でクリアトゥス兄弟の一人の婚約者であるカミッラが悲しみに顔を傾げている。彼女達の背後ではホラティウスの母親が孫たちを抱き寄せている。

道徳的な絵画の再生

ダヴィッドは、1784年に王室から受けた最初の注文のために、ローマ史に関するこの主題を描くことにした。1774年にローマ賞を受賞した後、アカデミーに準会員、正会員として認められたダヴィッドは、根本的に新しい作品を描くことによって、衆目を驚かせる輝かしいデビューを飾ろうとした。ダヴィッドは、最初の師であるブーシェから学んだ神話や「雅な宴」の主題から離れ、ローマの歴史家やコルネイユの『オラース』(1640年)といった古典劇から感化を受けるようになる。この作品の主題によって、ダヴィッドは愛国心やストア学派の禁欲主義の範例を示しそうとした。こうしてダヴィッドは、道徳的な絵画を称賛したディドロといった、啓蒙時代の哲学者に近づいていると言ってよいだろう。またダヴィッドは絵画に新たな形態をもたらし、プッサンやル・ブランといった17世紀のフランスの画家たちのような偉大な様式に到達しようとしている。古代美術から想を得て絵画を制作するために、画家は再びローマに赴く。ダヴィッドは、この作品が完成すると、1785年にローマのアトリエで発表し、次いで同年のパリのサロンに出品したが、その度に華々しい成功を収めた。

新古典主義の宣言

《ホラティウス兄弟の誓い》は、ロココ様式を完全に放棄し、新たな様式で描いた最初の作品と言ってよいだろう。構図は壮大で簡潔である。等身大で描かれた人物像の数は少なく、ギリシア時代の壺もしくはローマ時代の石棺のように、前景にフリーズ状に配されている。また個々の人物像が、正面向きの場面の中に、それぞれゆったりと間を取って描かれている。ダヴィッドは室内の幾何学的構造も強調しており、鋭い斜めの光が人物像に立体感を与えている。人物像の対照的な性格は異なる形態で表わされており、ダヴィッドは、男たちには直線で構成された力強い身体と鮮やかな色彩を与え、女たちには曲がりくねった線と柔和な色彩を施している。この作品は、ヨーロッパ中で、後に新古典主義と呼ばれる様式の絵画の範例となる。

出典

- SCHAPPER Antoine, Jacques-Louis David 1748-1825, catalogue de l'exposition, musée du Louvre, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1989, pp.162-167.

-CROW Thomas, L'Atelier de David émulation et révolution, Gallimard, Paris, 1997, pp. 47-53, 57-66 (traduit de l'anglais).

作品データ

  • ジャック=ルイ・ダヴィッド(パリ、1748年-ブリュッセル、1825年)

    《ホラティウス兄弟の誓い》

    1784年

    ルイ16世コレクション

  • 油彩、カンヴァス

    縦3.30 m、横4.25 m

  • INV. 3692

  • 絵画

    ドゥノン翼
    2階
    ダリュ 新古典主義
    展示室75

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

左下に署名および年記: L.David/faciebat/Romae/anno MDCCLXXXIV