Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《ローマ人とサビニ人の間の戦闘を制止するサビニの女たち》

Coffret de la chanteuse d'Amon Ouabet

© Musée du Louvre, dist. RMN / Christian Décamps

素描・版画
18世紀

執筆:
Prat Louis-Antoine

1798年から1799年にかけてようやく完成した有名な絵画のための、1794年の最初の準備素描として知られるこの作品は、実はフランス革命によって国が分裂した後の和解を呼びかけたものである。その構図は次々と描かれた習作において顕著に変化し、絵画では、前景に裸体の戦士、とりわけロムルスとタティウスが描かれている。

古代ローマ史のエピソード

ロベスピエール派が打倒されたテルミドール反動後の1794年9月に投獄され、敗北した大義に関わったことを忘れようとしていたダヴィッドが選んだ主題は、和解の寓話のように見える。ダヴィッドは、ロムルスとその兵士がサビニの女たちを掠奪したため、タティウスに率いられたサビニ人とローマ人の間に戦争が勃発したという、古代ローマ史に想を得ている。この戦争に終止符が打たれたのは、サビニの女たちが制止したからであった。サビニの女たちは、突き上げられた槍に向かって自分の子供を振りかざし、戦士に戦いを止めるよう嘆願したのである。

完成までの長い道のり

獄中で制作されたこの素描は、完成まで少なくとも4年はかかった作品の最初の構想である。また、別の失われた全体習作には、裸体の戦士が描かれていたことも知られている。次いでダヴィッドは、ルーヴル美術館に所蔵されている別の準備素描(Inv. 26183)で、改めて鎧をまとった戦士を描いた。またダヴィッドは、紙葉や素描帳に多数の部分習作を描いている。絵画の主要な女性の登場人物のための衣襞、とりわけこの素描の中央で両手を広げているのが見えるサビニの女ヘルシリアのための衣襞の大変美しい4枚の習作も知られている。最終構図が、様々な人物が交錯している印象を与えるのに対し、この素描は明らかにそれほど複雑ではない。

古典的な場面構成

この素描は、中景にざっと描かれた都市の景観とともに、舞台の一場面を想起させると同時に、タティウス、ヘルシリア、ロムルスの3人の主要人物がほとんど同レベルに並んでいるため、古代の浅浮彫も思い起こさせる。登場人物がかなり短めの人体比例で描かれているということと、全体の劇的な様相にも留意すべきである。この素描には、別の大きさに移すのを容易にするため、ます目が引かれている。この裏面には、ダヴィッドがその前年に制作し、今日失われてしまった絵画《臨終の床のル・ペルティエ・ド・サン=ファルジョーの肖像》のための、残念ながら一部分を欠く大変美しい習作が描かれている。この肖像画は、ルイ16世が処刑される直前に暗殺された、国王処刑賛成派の国民公会議員を讃えたものである。

出典

- PRAT Louis-Antoine, ROSENBERG Pierre, Jacques Louis David 1748-1825 : Catalogue raisonné des dessins, 2002, I, n 146.

作品データ

  • ジャック=ルイ・ダヴィッド(パリ、1748年-ブリュッセル、1825年)

    《ローマ人とサビニ人の間の戦闘を制止するサビニの女たち》

    1794年

  • 黒のクレヨン、ペン、黒インク、灰色の淡彩と白のハイライト、2枚の紙を並べたものに5枚の断片を貼付

    縦0.257 m、横 0.340 m

  • エスペルシウー・コレクション(1757-1840年)。その受遺者カロリーヌ・ガニエ嬢のコレクション。その養女マリー=フランソワーズ・デ夫人のコレクション。1903年パリでシャルル・ダムール夫人の競売(99番)、アルフレッド・ブールドレー(1847-1919年)が購入。ブールドレーの第9回目の競売(パリ、ジョルジュ・プティ画廊、1920年11月30日から12月2日、108番)で、ルーヴル友の会が購入し、ルーヴル美術館に贈呈。

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

下に書き込み:Cette première pensée du tableau de David / fut donnée par lui à son ami Espercieux (ダヴィッドは、自らの絵画についてのこの最初の構想を友人エスペルシウーに与えた)