Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《共和国の勝利》

Le Triomphe de la Constitution de 1793

素描・版画
18世紀

執筆:
Maget Antoinette

この素描は、提出期限が過ぎていて返却されたにもかかわらず、共和暦2年のコンクールに提出された素描とともに展示された。この寓意的な作品は、象徴的な人物像を通してジャコバン派の思想を表わすものである。こうしてヴィアンは、古代の行列を描くことにし、その中に革命の概念を導入しようとした。ヴィアンは、この素描の対作品を制作しようとしたので、結局審査員の判定が下る前にこの素描を取り下げることにしたのである。

古代と愛国心の間で

ヴィアンが選んだ主題は愛国的ではあるが、古代の行進に想を得てヴィアンが描いたヴィジョンは、革命の祝典によって甦った行進のヴィジョンである。画面左側では、マルスとヘラクレスが外人部隊の兵士とライオンを従えており、国家的な努力を思い起こさせる。ヘラクレスは、ダヴィッドが描いた勝利の戦車を思わせる戦車を引いている。その戦車には、共和国や革命を表わす通常の持物(じもつ)を持たない女性像が座している。古代風の衣裳をまとったこの女性像は、オリーヴの小枝と豊饒の角を手にしていることから、「平和」と「豊饒」をもたらすことが分かる。この女性像の背後には「平等」と「博愛」、さらに翼のある「理性」の神が描かれている。前景の「自然」は、その子供らを従えている。この行列の上空を飛んでいる「ペーメー(「名声」の女神)」とゴールの雄鶏(フランスの象徴)は、戦車の車輪で頭を二つに砕かれている鷲とは対照をなしている。武器の破片が散らばる中に旗と王冠が見えることから、オーストリア帝国に対する共和国の勝利は明らかである。

共和暦2年のコンクール

フランス革命の動乱期に芸術家が生き延びるのは困難であり、国民公会が芸術の庇護者を任じるようになった。公安委員会が共和暦2年のコンクールを告知した際、委員会は芸術家に1ヶ月の期限を与えた。ヴィアンは、期限から2ヶ月遅れて6月に作品を提出した。ヴィアンは、書簡でこの作品が「私が熱烈に表明したい『法』への敬意と、老境の私が若者に示さなければならないと思う範例」を表わしていることを強調して、提出の遅れを弁明している。ヴィアンがこの作品をコンクールに送り、展示したことには驚かされる。というのも、ヴィアンが本気でコンクールで競おうとしたようには見られず、ヴィアンは決して熱烈なジャコバン党支持者でもなかったからである。それゆえ、ヴィアンが革命に敬意を捧げる作品を制作するよう仕向けたのはダヴィッドであろう。結局《共和国の勝利》は、コンクールに参加しなかった。ヴィアンは、対作品を制作したいという口実を設けて、判定が下る前にルーヴル宮のサロン・カレ(方形の間)から作品を取り下げたのである。

現実と寓意の間で

群像の空間的な配置は、ヴィアンの制作年代の近い他の素描にも見られる。画面左側の兵士たちは、故国への献身を体現している。その兵士たちの中で年老いた1人の兵士が、共和国の「三位一体」の前でより恍惚を味わうために若い兵士に抱えられている。この一群によって、負傷した兵士に報い、農夫に平安をもたらす「平和」と「豊饒」を宣言する共和国が示されている。画面右側では、人民が農夫の格好をしており、それは牛の存在によって強調されている。「自然」の子供たちは、「豊饒」の果実を拾い集めている。この寓意画において、共和国は軍人と農夫として表わされている。行列を締めくくる翼を生やした輝ける若者は、当時の社会の現実を無視した、新しい人間と再生というルソー的な思想を体現している。ここでは、ヴィアンの穏和主義が支配的である。破壊される運命にある「教会」と貴族の象徴はなく、ヘラクレスが体現する権威を従順な人民が受け入れているのに対し、「自由」と「平等」は後退している。

出典

- BORDES Philippe, Emblèmes de la liberté : l'image de la république dans l'art du XVIe au XXe siècle, cat. exp. Berne, musée d'histoire et musée des beaux-arts, Staempfli et Cie, 1991, pp. 505-506, n 334.

- CHENNEVIERES Philippe de, Une Collection de dessins d'artistes français, Paris, 1896, t. XII, pp. 29-31.

- GAEHTGENS Thomas, LUGAND Jacques, Joseph-Marie Vien : peintre du roi, 1716-1809, Paris, Arthena, 1988, p. 252, n 142.

- LUGAND Jacques, "Autour de Joseph-Marie Vien : acquisition de la fin du XVIIIe siècle", in Revue du Louvre, n 3, 1980, p. 180, note 7.

- MEJANES Jean-François, Acquisitions du Cabinet des dessins : 1973-1983. 81e exposition du Cabinet des dessins, cat. exp. Paris, musée du Louvre, Éditions de la Réunion des musées nationaux, n 84.

- MICHEL Régis, Le Beau idéal ou l'art du concept, cat. exp. Paris, musée du Louvre, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1989, n 60, repr. p. 60.

En savoir plus :

- CANTAREL-BESSON Yveline, La Naissance du musée du Louvre : la politique muséologique sous la Révolution d'après les archives des musées nationaux, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, coll. "Notes et documents des musées de France", 1981, t. 1, pp. 111-112, t. 2, pp. 188, note 291.

- GALLINI Brigitte, La Révolution française et l'Europe 1789-1799, cat. exp. Paris, Galeries nationales du Grand Palais, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1989, n 905, repr. p. 688.

- HUNT Lynn Avery, Politics, Culture and Class in the French Revolution, Berkeley, Los Angeles, London, University of California Press, coll. "Studies on the History of Society and Culture", 1984, pp. 96-107.

- OLANDER William, "French Painting and Politics in 1794 : the Great Concours de l'An II", in The Consortium of Revolutionary Europe : 1750-1850, Proceedings, II, Athens (Georgia), 1980, pp. 21-22, fig. 4.

- OLANDER William, Pour Transmettre à la postérité : French Painting and the Revolution, 1774-1795, New York University, 1983, pp. 302, 472, fig. 212.

- ROSENBERG Pierre, VAN DE SANDT Udolpho, Pierre Peyron : 1744-1814, Neuilly-sur-Seine, Arthena, 1983, p. 146.

- SCHNAPPER Antoine, David, témoin de son temps, Fribourg, Office du livre, Paris, Bibliothèque des arts, 1980, pp. 136, 140.

- VAN DE SANDT Udolpho, "Institutions et concours", in BORDES Philippe, MICHEL Régis (sous la dir. de), Aux Armes et aux arts ! Les arts de la Révolution : 1789-1799, Paris, A. Biro, 1988, pp. 146-147, fig. 131.

作品データ

  • ジョゼフ=マリー・ヴィアン(モンペリエ、1716年-パリ、1809年)

    《共和国の勝利》

    1794年

  • 黒チョークの描線にペンと黒インク、灰色と褐色の淡彩、白のハイライト、ます目

    縦34 cm、横48 cm

  • M・シャンレール・コレクション、1860年4月2-4日にパリで競売(304番の一部)。フィリップ・ド・シェンヌヴィエール・コレクション。1898年5月5-6日にパリのオテル・ドルーオで競売(189番)。1976年12月14日にパリのオテル・ドルーオで競売(9 D番)。Q・モアティ・コレクション。1981年にアラン・モアティ夫妻による寄贈

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

ペンで左下に書き込み:Vien