Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《半裸で右手を上げ、ひざまずく男の習作》

作品 《半裸で右手を上げ、ひざまずく男の習作》

素描・版画部門 : 17世紀

Homme agenouillé tourné vers la gauche

素描・版画
17世紀

執筆:
Chabod Christine

この作品は、調和の取れた芸術上の円熟期に当たる、1630-1640年代におけるヴーエの制作の典型的な例である。この素描でヴーエは、イタリアの手本を自らのものとしたおかげで、わずかな細部に至るまで人物像を描き込んだ。力強く豊かな形態、丸みを帯びた肉付き、大きな手は、ヴーエのこの時代の作風の全ての基準を満たしている。

聖人の生涯

この素描に描かれた男性像は、ひざまずき、斜め前を向いている。この男性は、体をねじりながら左の方を向いている。その体は、流れるようなドレープで覆われ、このドレープからは男性の力強い肉付きが垣間見える。男性は、祝福を受ける身振りで右腕を上げている。ます目が引かれたこの習作は、絵画《聖人とその家族の神格化》(ナント美術館)の中の聖エウスタキウスの息子の一人のための準備素描である。この絵画は、キリスト教に改宗したローマ兵士聖エウスタキウスと、彼とともに殉教した家族を賛美する場面を描いている。この絵画は、財政総監であったクロード・ド・ビュイオン(1640年歿)が1634-1635年にその対作品の《聖エウスタキウスの殉教》とともにシモン・ヴーエに注文したものだが、この二枚の絵画は、パリのサン=ウスタッシュ教会の主祭壇を飾っている。

イタリアの教訓

この素描でヴーエは、イタリアの同時代の手本を完全に自分のものにしたことを示す、調和の取れた作風に到達している。ヴーエがそのローマ滞在時(1624-1627年)にその技法と画風を観察することのできた、アンニーバレ・カラッチにふさわしい動きのある肉体の勇壮な力強さ、ジョヴァンニ・ランフランコによく見られる、柔らかい光を受けた充実した形態と仰角で見た人物を描く卓越した技法といった全てが、この作品においてイタリアの偉大な装飾家の技量を思い起こさせるのである。

出典

- Rencontre de l'École du Louvre. Colloque Simon Vouet, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1991.

- Dessins français du XVIIe siècle. Artistes contemporains de Poussin. XXVe exposition du Cabinet des Dessins, cat. exp. Paris, musée du Louvre, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1960.

- BREJON DE LAVERGNEE Barbara, Dessin français du XVIIe siècle. LXXXIIIe exposition du Cabinet des Dessins, cat. exp. Paris, musée du Louvre, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1984-1985, notice 27.

- BREJON DE LAVERGNEE Barbara, Simon Vouet, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1990-1991, notice 101.

- BREJON DE LAVERGNEE Barbara, Musée du Louvre, Cabinet des Dessins. Inventaire général des dessins, école française. Dessins de Simon Vouet, 1590-1649, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1987, notice 75.

作品データ

  • シモン・ヴーエ(1590-1649年)

    《半裸で右手を上げ、ひざまずく男の習作》

    1635年

  • ベージュ色の紙に黒チョークと白のハイライト、黒チョークのます目

    縦35.1 cm、横 24.0 cm

  • 旧王室コレクション

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する