Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《喫煙家と酒飲みの会合》

《喫煙家と酒飲みの会合》

© 2009 RMN / Stéphane Maréchalle

絵画
オランダ絵画

執筆:
Collange Adeline

シモン・デ・ヴォスによって1626年に制作されたこの三重肖像画は、二人の友人ヤン・コシエとヨハン・ヘールロフに囲まれた画家を描いている。三人の画家はエクス=アン=プロヴァンスで滞在をともにしている。作品の図像表現(喫煙風景)と構図(明暗法により半身で描かれた人物像)は、ユトレヒトのカラヴァッジォ派から、また場合によっては、ローマに滞在したと思われるデ・ヴォスが鑑賞することができたであろうカラヴァッジォ自身のいくつかの若年期の作品からも、直接着想を得たものである。

謎めいた銘

半身像で描かれた三人の若い男は、酒を飲みパイプを吸うために集っている。濃厚な顔立ちと間隔の離れた目で描かれた人物像の様式は、シモン・デ・ヴォスの若年期の作品に見られる特徴である。作品は17世紀に高く評価された、楽しげな風俗画の一つだろう。とは言え、絵にはシモン・デ・ヴォス自身による次のような少々謎めいた銘、「Fecit Simon Cossiers Geerlof Anno 1626」が入っており、作品の単純な解釈を妨げている。言葉遊びが含まれているに違いないこの表現を正確に解釈するのは難しいのだが、おそらくヤン・コシエとヨハン・ヘールロフに挟まれたシモン・デ・ヴォスによる、二人の画家に対する献呈の作品だろうと考えられている。

友人の三重肖像画

三人の肖像画に関する仮説は、彼らの画家活動をさまざまな角度から検証した結果に基づいている。シモン・デ・ヴォスとヤン・コシエは、共にコルネリス・デ・ヴォスのアトリエで学び、そこで友情を育んだ。その後、二人は数々のオランダ画家が滞在していたエクス=アン=プロヴァンスに身を落ち着け、その中の一人でありゼーラント州の出身であるヨアン・ヘールロフにその地で出会った。こうして、親しげにワインを酌み交わす三人の画家の肖像が出来上がった違いない。アブラハム・デ・ヴリースよって描かれた肖像画(1635年制作、アントウェルペン、王立美術館蔵)から、それと分かるシモン・デ・ヴォスが中央に描かれている。他の二人の肖像は保存されていないものの、おそらく献辞の順序の通りに、左側にヤン・コシエ、右側にヨハン・ヘールロフが描かれているものと思われる。

カラヴァッジォ風の作品

半身像の人物たちが押し込められた狭い枠取りの構図は、ユトレヒトのカラヴァッジォ派作品から多大な影響を受けている。バブーレンやテルブルッヘンといった画家が、ローマで習得したカラヴァッジォの画法を北方に広め、音楽家、酒飲み、または喫煙家らのいる情景を、特徴的な明暗法を用いて多数描いた。シモン・デ・ヴォスは流行していたこの様式を用いて、レース襟の輝くような白によって際立った暗い色階の中に三人の肖像画を描き出している。画家たちの顔つきは画面左側から入る光によって彫り上げられ、中間色の背景から浮かび上がっている。作品は、シモン・デ・ヴォスが訪れたと思われるローマで見た、カラヴァッジォの若い頃の作品から直接インスピレーションを受けているとも考えられる。というのも、自身のイメージについて熟考した末に、カラヴァッジォは自画像をその風俗画の幾つかの風俗的場面の人物像の中に描き込んでいるからである。ひとつの友情のおける三つの面を表すかのような、斜め前、正面、横顔と、描き分けられた三人の顔によって、この作品からは真剣であると同時に陽気な感情が発散されている。

出典

- VLIEGHE Hans, "À propos d'un portrait de trois hommes par Simon de Vos (1603-1676) au Louvre", in La Revue du Louvre, 1988, 1, pp. 37-38.

作品データ

  • シモン・デ・ヴォス (アントウェルペン、1603‐1676年)

    《喫煙家と酒飲みの会合》

    1626年

  • カンヴァス、油彩

    縦63cm、横93cm

  • 1899年、メッレス・コッティーニによる寄贈。

    《当時エクス=アン=プロヴァンスにあった画家ヤン・コシエ、シモン・デ・ヴォス、ヨハン・ヘールロフたち》

    R.F. 1166

  • 絵画

    リシュリュー翼
    3階
    ルーベンスと17世紀のフランドル絵画
    展示室17

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

記載:Fecit Simon Cossiers Geerlof Anno 1626