Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《月光の海辺》

《月光の海辺》

© Musée du Louvre/A. Dequier - M. Bard

絵画
ドイツ絵画

執筆:
Kazerouni Guillaume

作品はバルト海沿岸地方での滞在の翌日にドレスデンで1818年8月末に描かれている。フリードリヒの作品に頻繁な、宗教的なメッセージを携えた風景画である。あの世のしるしである空の広大さに地上の世界が呼応している。取るに足らない小さな帆船たちは、地上での人間の旅の終わりを喚起している港に戻る船乗りとして、人間の地上での生活を喚起している。奇妙な光を携えたつきは、人間の救世主キリストを暗示している。

フリードリヒとドイツロマン派

絵画にはフリードリヒの作品に頻繁に用いられている構図と、ドイツロマン派の風景の特徴が備わっている。全体は単純な形状と四方に広がった光による力強い統一性が特徴的である。水平や垂直の異なる形が互いの均衡を保ち、平穏で瞑想的な雰囲気を創り上げている。全体的に色階は抑えられているが、繊細さと多くの色調がもたらされている。

宗教的メッセージが刻まれた風景

ここでの風景は、宗教的な真のメッセージを託していることが明らかで、作品における全ての要素はそのメッセージに寄与している。フリードリヒによって描かれた異なる自然主義的なモチーフは全て、神の啓示の象徴もしくはしるしなのである。こうして自然と向かい合った人間は、自らの条件とその変転に直面しているのである。

自然、人間の条件の反映

背景より暗い前景には、地上の世界が描かれている。魚網と杭はこの世の人間が成し遂げた労苦を描写している。この暗い一帯に対して、上部のほとんど超自然的な光は、天上を喚起している。人原の条件は港に戻って来る帆船の弱々しいシルエットによって表現されており、帆船は風に流されて広大な水平線の中へと消え失せている。同様に死の存在も砂浜に座礁した帆船によって表わされており、他界した魂のイメージは、常に差し迫っている死の苦悩を喚起しながら、作品に真の重要さをもたらしている。最後に、全体を支配する光が備わった月は、死にも打ち勝った人間の救世主であるキリストを象徴している。

作品データ

  • カスパー=ダヴィット・フリードリヒ(グライフスヴァルト、1774年-ドレスデン、1840年)

    《月光の海辺》

    1818

  • 縦22cm、横30cm

  • 2000年取得

    R.F. 2000-3

  • 絵画

    リシュリュー翼
    3階
    ドイツ、ロシア 19世紀前半
    展示室E

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する