Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《洗礼者聖ヨハネ》

作品 《洗礼者聖ヨハネ》

彫刻部門 : 17-18世紀のフランス

《洗礼者聖ヨハネ》

© 2007 Musée du Louvre / Pierre Philibert

彫刻
17-18世紀のフランス

執筆:
Montalbetti Valérie

この小像はジラルドンが亡くなるまで自分のコレクションの中に収めていたブロンズ像の描写記述とその版画に一致する。1699年のルーヴル宮でのアカデミーのサロンに展示された。

群像を成す3小像のひとつ

このブロンズ小像は、コワズヴォと並ぶ最も重要なルイ16世治下の彫刻家フランソワ・ジラルドンの作品である。1996年にルーヴルが取得している。1699年のアカデミー初の展覧会に彫刻家が提出した作品を構成した唯一知られている像である。この展覧会はルーヴル宮殿内で開催され、後にサロンと呼ばれる。彫刻家はこの像の他に2つのブロンズ小像を提出した。フランソワ・デュケノワ(17世紀のフランドル出身のローマの彫刻家)のキリスト像とミケランジェロの有名な彫像(ローマ、サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会)を縮小したモーセ像である。象眼細工の台座に乗せられたこの群像は、「旧約聖書」と「新約聖書」との和合を表した。洗礼者ヨハネは最後の予言者で最初の聖人と考えられ、新旧の聖書を結びつけた。この様に立証された主題の3体の小像はジラルドンの好みと有名な彫刻家2人に果敢に挑むという野心の証言するものである。ジラルドンはこの群像を死ぬまで手放さなかった。これは、古代、ルネッサンス、現代までの驚くべきジラルドンの彫刻蒐集作品を綴った版画集『ギャラリー』の中にシュヴァリエによって複製された。

力強い洗礼者ヨハネ像

洗礼者ヨハネはキリストの先駆者である。砂漠で修行生活を送り、悔い改めを説き救世主メシアの到来を告げた。ヨルダン川の水に浸して洗礼をした。ガリラヤの総督ヘロデ・アンティパスは彼を逮捕し首を刎ねた。ジラルドンはこの人物を、厳しい生活と断食の為痩せ衰えた体に憔悴した顔という聖人像には程遠い、若い羊飼いの姿に拳闘士の活力漲る体で彫っている。この活力、そして腕を上げ人差し指で空を指す仕草はフィレンツエの表現方法に近く、特に、ルイ14世によって取得された、レオナルド・ダ・ヴィンチの《洗礼者聖ヨハネ》(ルーヴル)の例があげられる。写実により中庸を得ているが、理想美の追求は、古代回想が浸透した彫刻家ジラルドンの造形美術の特徴である。洗礼者ヨハネの足下の子羊は、「ここに神の子羊あり」とイエスを見ながら言う言葉に言及している。これはイエスが魂の羊飼いであり、そしてこの世の贖罪の犠牲者だということを表す。

稀な小像

この小像は2つの点で稀な作品である。ジラルドンは宗教的主題の作品を殆ど制作しておらず、また当時、小ブロンズ像の技術は神話や寓話の分野に向けられていた。この個人信仰像はジャン=バティスト・コルベール(ルイ14世の大臣で、建築、芸術、製作所総監)との関係が考えられる。彼は、自分の守護聖人の表現を奨励し、ジラルドンのキャリア初期を支持した。

出典

- FRANCASTEL Pierre, Girardon, Paris, 1928, p.73.

- SOUCHAL François, « La collection du sculpteur Girardon d’après son inventaire après décès », in GBA, LXXXII, 1973, pp.38-39, n°16.

- KATZ Daniel, European Sculpture, New York, Londres, 1996, p.82, n°38. 

- BRESC Geneviève, « Acquisitions des musées », in Revue du Louvre, 1997, n°1, p.91.

- BRESC Geneviève, « Saint Jean-Baptiste prêchant de François Girardon », in Nouvelles Acquisitions du département des Sculptures (1996-2001), Paris, 2002, pp.36-38.

作品データ

  • フランソワ・ジラルドン、トロワ1628年—パリ1715年

    《洗礼者聖ヨハネ》

    1699年サロン展示

  • ブロンズ

    高さ :0.36m、幅 :0.18m、奥行き :0.23m

  • 1996年取得

    R.F. 4592

  • 彫刻

    リシュリュー翼
    1階
    ジラルドンの地下展示室
    展示室20

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する