Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《海辺に座る裸体の青年》

作品 《海辺に座る裸体の青年》

絵画部門 : フランス絵画

《海辺に座る裸体の青年》

© 2007 Musée du Louvre / Angèle Dequier

絵画
フランス絵画

執筆:
Pomarède Vincent

フランドランの師であるアングルが描いた《スフィンクスの謎を解くオイディプス》のように、この青年の裸体を描いた作品は、1837年にローマのフランス・アカデミーにおける寄宿生4年目の成果としてパリに送られた。アングルの純粋主義的な教えが、ここでは極限にまで高められており、人体が円という原初の形態へと近づけられている。

古典的美学と近代的な嗜好

アングルの弟子による新古典主義美学を代表する例であるこの洗練された裸体は、海辺の風景を前に配されており、その一風変わった場面が強調されている。この裸体は、古典的美学から現代的な嗜好へと移行しつつあった画家たちの世代による絵画の革新を示すものである。偉大な肖像画家であったイポリット・フランドランは、アングルと新古典主義美術を受け継いだ最も代表的な画家の一人であるとともに、19世紀における最も重要な宗教画家でもある。

1855年の万国博覧会

1836年にローマのフランス・アカデミーの寄宿生であったフランドランから送られたこの作品は、1855年の万国博覧会に出品され、1857年にナポレオン3世の帝室費によって購入された後、皇帝からリュクサンブール美術館に寄贈されている。

作品データ

  • イポリット・フランドラン

    《海辺に座る裸体の青年》

    1836年

  • 油彩、カンヴァス

    縦0.98 m、横1.24 m

  • 1857年ナポレオン3世の帝室費から取得。皇帝から寄贈

    Figure d'étude

    M.I. 171

  • 絵画

    シュリー翼
    3階
    シャッセリオー
    展示室63

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する