Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《漁の光景》

作品 《漁の光景》

素描・版画部門 : 16世紀

Scène de pêche

RMN-Grand Palais - Photo T. Le Mage

素描・版画
16世紀

執筆:
Mancini Federica

マントヴァのパラッツォ・テ内にある「風の間」の16のメダイヨン(円形装飾)のうちの一つのために描かれたこの見事な素描は、何世紀もの間に渡って賞賛されてきた。この作品はフランスでも最も有名な蒐集家らのコレクションに属していたものである。例えばヤーバッハはおそらくそのオリジナルと模写を所有していたが、模写の方は国王に売却している(INV 3760)。またクロザは、その複製版画を自身の『版画集成』の中に収めている。次いでマリエットにより購入された《漁の光景》は、最終的に351リーヴルの価格で国王美術品蒐集室により買い取られた。

遠心状の動き

漁師は、小さな集団に分かれ、入り江に沿って漁の最後の段階にかかっているところである。大きな魚(鯨だろうか?)を捕らえる様子が、縄を引く人々の様々な体勢によって描写されている。こうして斜めに行き交う何本かの線の戯れが生まれ、それがこの光景に、均衡のとれた余裕のあるリズムを与えていると同時に、そのリズムは代わる代わる変化する動きによって際立たせられているのである。左には、網を引き上げている人らの傍らで、自分の網を水に浸けている人物がおり、一方、両岸の上では二つの集団が中心から遠ざかるような動きをし、それが遠近感を強調している。漁師の様々な姿勢は、実は同じ一つのモデルのヴァリエーションとなっている。動作を表わす人物像のこれらの習作は、視野の開けた広々とした空間に配置されているのだが、その視界の奥には、ただ一つの建築物である城が、海を背景に浮かび上がっているのがわかる。

フェデリーコ2世候を称えて

このきわめて有名な素描は、フェデリーコ・ゴンザーガ2世の意向によって1525年から1535年にかけて建てられた、マントヴァのパラッツォ・テ内の「サーラ・ディ・ヴェンティ(風の間)」のメダイヨンの一つのための準備習作である。この部屋および「サーラ・デッレ・アークィレ(鷲の間)」のため注文された装飾は、1527年9月から1528年3月にかけて制作された。「風の間」は、一部が十二の月の名および黄道十二宮の星座によって装飾され、そしてペンデンティヴ(穹隅)の高さの部分は、風神たちのモティーフによって飾られている。穹窿(きゅうりゅう=円天井)の横木部分にしつらえてあるメダイヨンは、主にくじら座を中心として、星座に関わる人間の営みを描いている。これらのモティーフが選ばれるにあたっては、フィルミコ・マテルノの『占星術八書』に記されている膨大な目録が参考になっていると思われるが、論者の中には、狩りや漁といった宮廷の活動は、他の活動より入念に描かれるものであり、大画面の風景の中に配されることが多い、と指摘する向きもある。

素描のもつ重要性の大きさ

「風の間」のフレスコ画は、ジューリオとその共同制作者らによる協働の成果である。《漁の光景》のメダイヨン制作については、当初その注文全体を受けていたアゴスティーノ・ダ・モッツァネーガ、および、ジローラモ・ダ・ポントレモーリ、リナルド・マントヴァーノらの名が挙げられた。もっとも、実際の制作者が誰であれ、描かれた絵はちゃんとジューリオの素描の意匠を守っているのであるが、この素描の重要性は、それが確かで素早い筆致によって作風の統一感を示しているだけに、なおさら特筆すべきものなのである。というのも、概して描き直しの多い画家であるジューリオにしては、この作風は大変めずらしいからだ。

出典

- BACOU Roseline, Autour de Raphaël, cat. exp. Paris, musée du Louvre, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1983-1984, n 42.

- BOUBLI Lizzie, Savoir-faire. La variante dans le dessin italien au XVIe siècle, cat. exp. Paris, musée du Louvre, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 2003, pp. 61 et 121, notice 68.

- HARTT Frederick, Giulio Romano, New Haven, 1958, pp. 350-357.

- Giulio Romano, cat. exp. Mantoue, Museo civico di Palazzo Te, 1989, notice p. 356, 164.

- GOMBRICH Ernest Hans, "The Sala dei Venti in the Palazzo del Te", in Journal of the Warburg and Courtauld Institutes, 13, 1950, pp. 189-201.

作品データ

  • ジューリオ・ピッピ、通称ジューリオ・ロマーノ(ローマ、1492年と1499年の間-マントヴァ、1546年)

    《漁の光景》

    1527-1528年

  • ベージュ色の紙に、ペンおよび褐色インク、褐色の淡彩、白のハイライト(グワッシュ)

    縦26.3 cm、横43 cm

  • エヴァーハルト・ヤーバッハ・コレクション、ピエール・クロザ・コレクション、ピエール=ジャン・マリエット・コレクション、1775年に国王美術品蒐集室に収蔵

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する