Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《狩猟家姿の自画像》

《狩猟家姿の自画像》

© 2009 RMN / Stéphane Maréchalle

絵画
フランス絵画

執筆:
Pomarède Vincent

アカデミー入会作品であったこの絵画で、デポルトは今までアトリエを背景に描かれていた画家の肖像画の伝統を打ち破り、自らの姿から狩猟と自然を好む高貴な身分のイメージを生み出している。綿密に描かれた猟犬と獲物は、動物画家としてのデポルトが得意とするジャンルを直接示している。

一切の妥協のない自画像

筆さばきと色彩が見事なこの絵画は、動物や風景と同様、人物像の扱いにおいても成功している、一切の妥協のない自画像である。これは、狩猟を主題にした作品で才能を開花させ、ルイ15世時代を体現したとも言える画家の最初の重要な作品である。動物、風景、装身具を写実的に完璧に描くために、デポルトは写生に励み、動物を描いたスケッチや戸外で描いた油彩の習作を数多く制作した。

アカデミー入会作品

この絵は、18世紀初頭の動物画家フランソワ・デポルトから王立アカデミーに贈られたアカデミー入会作品で、王立絵画彫刻アカデミーのコレクションに所蔵されていたが、フランス革命中の1793年にルーヴル美術館の前身にあたる共和国中央美術館に収蔵された。

作品データ

  • フランソワ・デポルト

    《狩猟家姿の自画像》

    1699年

  • 油彩、カンヴァス

    縦1.97 m、横1.63 m

  • アカデミー・コレクション

    INV. 3899

  • 絵画

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する