Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《賭博偏執狂》

《賭博偏執狂》

© 2010 Musée du Louvre / Angèle Dequier

絵画
フランス絵画

執筆:
Pomarède Vincent

この「偏執狂」の肖像画は、別の狂女の肖像画(リヨン美術館)と3人の狂人の肖像画(ヘント、ヴィンタートゥール、スプリングフィールド)と共に、1820年頃に制作されたと考えられている。

精神病

ロマン派の特徴の一つとして、人間の理性と狂気に対する探求が挙げられる。ロマン主義者たちは、当時の医者と同様、人間の顔つきに精神状態の悪化の反映を読み取ることができると考えていた。ジェリコーはここに、意識と理性の限界を越えた人々や、極限状態に置かれた人々を描き出している。《メデューズ号の筏》の制作の後、鬱状態にあったジェリコーは、おそらくサルペトリエール病院の院長であったジョルジェ博士の注文で、その写実性の限界に対する追求を物語る、幾つかの狂人の肖像画を制作した。そこには逸話的要素も象徴も一切存在せず、確固とした技術、自由闊達なタッチ、緑と茶色の調和がある。白色が狂女の哀れな顔を縁取り、その眼差しは見る者に絶えず問いかけている。この女性の意識の錯乱を簡潔に表わしている、ジェリコーの肖像画の崇高さには、ただ感嘆させられるばかりである。

社会と狂気

ジェリコーは、ある特定の一つの面に関してだけ精神の安定を失い、その他の点においては至って普通に振舞う偏執狂を数点描き、それには幼児誘拐偏執狂(スプリングフィールド美術館)、軍隊命令偏執狂(ヴィンタートゥール、オスカーラインハルト・コレクション)、盗癖狂(ヘント市立美術館およびリヨン美術館)、賭博狂(ルーヴル美術館)などがある。ジェリコーは、個性化され、鋭い心理分析が見られる各々の肖像画において、狂気の様相を総括している。これらの作品の審美的な関心を別にしたとしても、それらは19世紀における社会と精神医学の世界との間の関係を驚くほど見事に物語っているのである。

バーデン=バーデンのとある医師のコレクション

この絵はルーヴル友の会によって取得され、1938年にルーヴル美術館に寄贈されたものである。バーデン=バーデンのとある医師のコレクションの中で、その他4点の肖像画と共に偶然発見されたこの肖像画は、アンリ・アルピニやシャルル・ジャックといった画家が所有していたこともある。しかし、度重なる競売によってこれらの肖像画は四散し、本作がルーヴルに収蔵された際、他の作品と一緒ではなかった。

作品データ

  • テオドール・ジェリコー

    《賭博偏執狂》

    1819-1824年?

  • 油彩、カンヴァス

    縦77 cm、横64 cm

  • 1938年、ルーヴル友の会による寄贈

    R.F. 1938-51

  • 絵画

    シュリー翼
    3階
    ジェリコー
    展示室61

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する