Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>「イルカ」のゴブレ壺

作品 「イルカ」のゴブレ壺

工芸品部門 : 18世紀:ロココ

「イルカ」のゴブレ壺

© 1990 RMN / Daniel Arnaudet

工芸品
18世紀:ロココ

執筆:
Barbier Muriel

この空色地の壺は、上下がぴったりと納まるようになっており、それによって花の球根が生えさせることができた。装飾は絵付けの技術で、ブーシェの絵を基に、シャルル=ニコラ・ドダン(1734年-1803年)が施し、その取っ手はイルカの形をしている。ジャン=クロード・デュプレシス(1774年に死亡)は王立セーヴル磁器製作所において、壺の型を多く制作した。「イルカ」のゴブレ壺はおそらく彼の作品である。その独創的な形状はロカイユ様式、また、セーヴルの職人たちの高度な技術を特徴付けている。

花を生ける壺

18世紀の室内装飾において花は重要な位置を占めていた。磁器製の花や、本物の花を球根ごと植木鉢に入れたり、現在と同じように乾かしてポプリに入れたり、生花を壺に束にして入れていた。この花の嗜好から、ヴァンセンヌ‐セーヴル磁器製作所で新しい壺が制作された。「イルカ」の壺は、2つの部分(コルネットとゴブレ)からなる種類の壺で、花の球根を生やさせることができた。コルネットからなる上の部分に球根を入れられて、その球根は、コルネットの底部に開けられた小さな穴のおかげで、下部のゴブレの中に入れられた水から、土の灌漑ができるようになっていた。この壺は、ヴァンセンヌ磁器製作所が、この種の室内装飾用の壺の型をいくつか制作していた時期の、1754年に発案された。

独創的な形

このイルカ壺は、上下がぴったりはまる2つの部分からなる。ぎざぎざの縁飾りが施されたコルネットと、肩部分が目立ってふくらみ、同じくぎざぎざの縁飾りをもつ、透かしの付いたゴブレの2つの部分である。この形状は比較的珍しい。双方が左右対称に配置され、口に輪を付けた2頭のイルカは、取っ手の役割をしている。この彫刻的な形状は、ヴァンセンヌ、後にセーヴルにおけるジャン=クロード・デュプレシスの作品を特徴付けるものである。ルーヴルの作品の他に、4点の『イルカ』壺が知られている。1点はイギリスのヘアウッド・ハウス(1754年制作)、パリの装飾美術館に1点(1755年制作)、そしてロンドンのワラス・コレクションに1対(1756年)、それぞれ保存されている。

豊かな装飾

このイルカ壺の2つの部分は、空色の地色が施されているが、この地色は1753年にルイ15世の食器セットのために使われたものと同じである。各面には、ゴブレには楕円形、そしてコルネットには四角の飾り枠がある。その中には白地に、コルネットには子供が、ゴブレには武器模様が描かれている。フランソワ・ブーシェの版画を基にして描かれた子供たちは、まるで雲の上の空を飛んでいるようで、1人はブドウの籠、もう1人は花葉飾りをもっている。ゴブレについては、片面には房の付いたブドウのつる、そしてもう片面には矢筒と弓が施されている。この装飾は、絵付け師のシャルル=ニコラ・ドダン(1734年-1803年)の作品である。

出典

- Nouvelles acquisitions du département des objets d’art 1990-1994, Paris, RMN, 1995, p184-186

- Un défi au goût, Paris, musée du Louvre, p 29 et 84.


Marque peinte :
- double "L" entrelacées, inscrivant la lettre-date "C" (1755) sous le vase et sous le gobelet

Marque en creux :
-
 illisible sous le vase et sous le gobelet.

作品データ

  • 「イルカ」のゴブレ壺

    1755年

    ロスチルド・コレクション、パリ

    ヴァンセンヌ‐セーヴル磁器製作所

  • 軟磁器、金箔を貼ったブロンズ(取っ手)

    コルネット:高さ11.5cm、幅19cmゴブレ:高さ18.9cm、直径15.1cm

  • 1990年に取得

    OA 11299

  • 工芸品

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

壺とゴブレの下側に「K」の署名(絵付け師シャルル=ニコラ・ドダン)―(壺の下側に)「H35」 の文字が楕円形の貼り札に印刷