Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>アッティカ産ピクシス

作品 アッティカ産ピクシス

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : アルカイック時代のギリシア美術(前7-前6世紀)

アッティカ産ピクシス

© 1993 RMN / Hervé Lewandowski

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
アルカイック時代のギリシア美術(前7-前6世紀)

執筆:
Padel-Imbaud Sophie

絵図で装飾された巨大な壺の生産と平行して、紀元前8世紀後期の後期幾何学様式時代は、より小さな、抽象的な装飾の壺を生産した。このピクシスがその例である。この箱は、四頭立て二輪戦車を思い浮かばせる蓋の彫刻装飾と、作品全面を覆う幾何学模様の調和の取れた配置により、この種の他の容器と区別される。

彫刻装飾がされたピクシス

ピクシスとよばれるこの作品は、女性が使用する平らで円い箱である。それは、女性が化粧品や装身具を整理する物であった。この蓋は、手で模られた四体の馬の彫刻により代用された、取手が目を引く作品である、それは四頭立て二輪戦車を思い浮かばせる。馬の首に描かれた馬具の要素は、この仮定を裏付ける。馬の装飾の選択は意味の無いものではない。それは上流階級と富を表す、とても古い柄である。そのことからこの箱は、間違いなく上流貴族階級の女性に属していたと推測される。

後期幾何学様式時代

この壺は、幾何学様式の第三期に当たる、紀元前760年から700年の後期幾何学様式時代にさかのぼる。それはギリシア陶器の図像レパートリーに人物像を再導入した時期である。葬儀や戦士の場面などの複雑な構図の中に組み込まれた、真の人物像の場面を表現した最古の壺は、アテネの墓地で発見されたディピュロンの大型壺である。それは主にクラテルやアンフォラなどであり、貴族の墓を示すために使用された。この巨大な壺の生産と平行して、後期幾何学様式時代の工房は、より小さな、人物像の存在しない装飾の壺を生産した。それらは多くの場合、副葬品として使用された。

調和の取れた装飾

このピクシスは、その前時代に当たる、中期幾何学模様時代(紀元前850年から760年)の抽象的な装飾の壺と区別される。というのもこの作品には、容器の円形を強調する装飾の厳格な仕組みと、そしてとりわけ容器を広く覆い尽くす、黒い釉薬(絵の具で描かれた装飾)の部分の配置が見受けられるからである。線が引かれた放射状の花びらは、蓋と器の底を装飾し、その円形を演出する。反対にその胴部は、トリグリュフォスとメトープが交互になったフリーズの飾りにより多い尽くされている。そのメトープはまた、卍、バラ模様、菱形、格子柄により装飾されている。

出典

- DENOYELLE M., Chefs-d'oeuvre de la céramique grecque dans les collections du Louvre, Editions de la Réunion des musées nationaux, 1994, p. 20, n 5

作品データ

  • アッティカ産ピクシス

    紀元前740年頃

    ボイオティア

    アテナイ

  • 陶土、黒色輪郭(線画)、塑像(馬の彫刻)

    高さ:22,30cm;直径;34cm

  • 1887年購入

    A 567

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    シュリー翼
    2階
    ギャラリー・カンパーナI ギリシャ陶器 幾何学様式時代と東方化様式時代
    展示室40

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する