Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>アメンヘテプ3世の巨像の頭部

作品 アメンヘテプ3世の巨像の頭部

古代エジプト美術部門 : 新王国時代(前1550-前1069年頃)

アメンヘテプ3世の巨像の頭部

© 2006 Musée du Louvre / Christian Décamps

古代エジプト美術
新王国時代(前1550-前1069年頃)

執筆:
Barbotin Christophe

この頭部は、上エジプトの王、アメンヘテプ3世を表している。王によって建てられたコム・エル=ヘイタンの神殿内にある花崗岩の巨像の一つについていたものだった。有名なメムノンの巨像は、この神殿の入り口に立っていた。今日では廃墟と化した神殿も、かつてはこのように素晴らしく豊かな彫像で飾られていた。

上エジプトの王、アメンへテプ3世

王は、先が膨らんだ教皇冠に似た上エジプトの冠、通称「白冠」をかぶっている。きわめて光沢がいいよく研磨された石、下から観賞されるように作られているアーモンド形に引き伸ばされた大きな目、分厚い口の肉付けは、アメンヘテプ3世の神殿にある記念彫像の特徴である。この石の巨像は、倒れて何世紀もの間湿気の多い場所に横たわっていたので、頭部の左側が完全に崩れてしまっている。この頭部は、王の立ち姿の巨像についていたもので、王は足をそろえて静止していた。このような足は、横隣に展示されてある、類似した彫像の基部に見ることができる(作品番号A18)。

壮大な神殿

このタイプの彫像は、コム・エル=ヘイタンの王崇拝神殿の大きな中庭に、一列に並べられて飾られていた。東側には、上エジプトの白冠をかぶったバラ色花崗岩でできた彫像が、一方西側には、下エジプトの赤冠を頂く珪岩製彫像が並んでいた。各彫像の高さは、少なくとも8mはあった。コム・エル=ヘイタンのアメンヘテプ3世神殿は、その規模の大きさにおいて(長さが東西に約560m)、また、王が用命した彫像の豊かさにおいて、明らかにエジプト人が今までに建設した建造物の中で最も素晴らしいものの一つである。アメンヘテプ3世が発注した何百体ものライオン・セクメト女神の彫像は、ほとんどがこの神殿に置かれていたことは確かである。(同展示室内、向い側に展示されている作例を見る)

粗悪な造り

残念ながら、この神殿は湿地の上に、急ごしらえで粗雑に建設されたので、今日では完全に廃墟と化してしまった。残っているのは、メムノンの巨像(高さ16m)、巨大なステラ(石碑)一基、およびいくつかの柱の基部のみである。しかし、現在、カイロにあるドイツ考古学研究所がこの遺跡で発掘を行っており、巨像についての貴重な証拠品をいくつか掘り出している。

作品データ

  • アメンヘテプ3世の巨像の頭部

    第18王朝、アメンヘテプ3世治世下、前1391-前1353年頃

    コム・エル=ヘイタンのアメンヘテプ3世葬祭神殿(ルクソール左岸)

    アスワン(採掘および荒削り)テーベ(仕上げ)

  • 丸彫り、赤色花崗岩

    高さ1.98m

  • A 19

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    1階
    神殿
    展示室12

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する