Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>コリントス小円柱型クラテル

作品 コリントス小円柱型クラテル

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : アルカイック時代のギリシア美術(前7-前6世紀)

コリントス小円柱型クラテル

© 1988 RMN / Les frères Chuzeville

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
アルカイック時代のギリシア美術(前7-前6世紀)

執筆:
Padel-Imbaud Sophie

頻繁にあるように、宴会、戦い、競馬の場面が割り与えられているこの大型の壺に描かれているレパートリは、黒像式と線画、赤色の加筆の釣合いなどの装飾の質、そしてその叙述に関する配慮により際立っている。ヘラクレス、などの人物の名は、この英雄がエウリュトスの娘、イオレとの結婚を勝ち取った競技、そして宴会の後に続く衝突とイピトスの殺害に至るまでを連想させる。

小円柱型クラテルの出現

コリントスの陶器の生産(紀元前624年から540年)は、二つの壺の分野に分けられる。一つは、東方様式の伝統を延長する香油用の小型壺の数多い連作であり、もう一つは人物像が描かれた大型壺の、より創作的で数が限られた連作である。これらの壺は、紀元前600年頃の初期コリントスの末期に出現し、小円柱型クラテルという新しい形の誕生に一致する。これは紀元前6世紀前期に大量生産される。エウリュトスのクラテルはこの形の最古のものと考えられている。その名は、口の高さに位置する小さな板を支える小円柱のような形をした、特殊な把手の外観に由来する。

神話の宴会

エトルリアのチェルヴェテリで発見されたこの壺は、宴会、重装歩兵の戦い、競馬などの上流階級の主題に対するエトルリア人の嗜好を証言している。正面に表現された宴会は単なる宴会ではない。それは、ヘラクレス物語郡のあまり知られていない冒険を、記載文字を用いて言及している。エウリュステウス王へ奉公した後この英雄は、弓術の競技を主催するエウリュトス王のもとへ行った。この競技の勝者には王の娘イオレとの結婚が約束されていた。ヘラクレスはこの競技の勝者となったが、口論が生じ、彼は王の息子イピトスを殺害してしまった。この画家は、この悲劇の前の場面を表現することを選んだ。それはこの物語の全ての主要人物が宴会の時に集まっている場面である。その短い髪を除き、他の会食者と区別されるものはないヘラクレスは、一番右に配置されている。彼は隣人のイピトスと会話をしているようである。そのかたわらエウリュトスは、他の会食者達の方を向いている。記載された名前とイオレが存在していなければ、これは、料理とワインを沢山載せた低いテーブルの後ろに配置された寝台に半身を横たえる男達が集まる、平凡な上流階級の宴会であったのであろう

特別な壺

この壺はその巨大な大きさと特に注意深く加工された装飾により特別視されている。それはなによりもまず線刻の正確さ、そして黒い人物像、幅広く塗られた濃い赤色の加筆、コリントス産の特徴である、とても明るい色調の陶土の対照の演出により魅了する。しかし最も強い印象を与えるのは、A面のエウリュトスの宴会など、多くの人物像の場面を用いた、この壺の叙述的性質であるのは確かである。B面の複数の決闘、壺の下部全体を占める競馬は、壺の形そして特に把手の下に描かれた二つの小劇を強調する。そのうちの一つは、肉を焼く二人の奉公人とともに宴会の準備を表し、もう一つはトロイア戦争の挿話を連想させる。それは、ユリシーズとディオメデスの目の前で、自らの剣を刺し自殺する大アイアスの最古の表現のうちの一つである。

出典

- DENOYELLE  Martine, Chefs-d'oeuvre de la céramique grecque dans les collections du Louvre, 1994, p. 38, n 14.

- CARPENTER .H., Les mythes dans l'art grec, 1997, p. 131, fig. 221.

作品データ

  • コリントス小円柱型クラテル

    紀元前600年頃

    チェルヴェテリ(イタリア)

    コリントス(ギリシア)

  • 陶土;黒像式(線刻、赤色と白色の加筆)線画

    高さ46cm、直径28.20cm、幅46.50cm

  • カンパーナ・コレクション、1861年取得

    通称「エウリュトスのクラテル」

    E 635

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    シュリー翼
    2階
    ギャラリー・カンパーナII 黒像式ギリシャ陶器
    展示室41

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

コリントスのアルファベットの逆行で書かれた人物名:トクソス、クリュティオス、ディダイオン、エウリュトス、イピトス、イオレ、ヘラクレス、..om..es(ディオメデス)、アイアス、オデュッセウス(ユリシーズ)