Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>ジル・ド・モンモランシー=ラヴァルの紋章入りの水差し

作品 ジル・ド・モンモランシー=ラヴァルの紋章入りの水差し

工芸品部門 : ルネサンス

ジル・ド・モンモランシー=ラヴァルの紋章入りの水差し

© 1996 Musée du Louvre / Martine Beck-Coppola

工芸品
ルネサンス

執筆:
Brigitte Ducrot

サン・ポルシェール(ドゥー・セーヴル県)と呼ばれる品々が制作された、制作地や工房の名前は未だに謎のままである。この大きなジル・ド・モンモランシー=ラヴァル(1559年に死亡)の紋章入りの水差しは、この種の品で、世界中で確認されている(クリーヴランド、エジンバラ)限られた数のうちの一部である。この豪華な品の形は、アンリ2世治下のマニエリスムの金銀細工品から着想を得たもので、鋳造、型押しといった、異なる陶磁器の技法を例証している。

未だ謎につつまれた作品

ルーヴル美術館は、展示室21に、サン・ポルシェール(ドゥー・セーヴル県)と呼ばれる陶磁器の作品を11点展示しており、これはこの分野では最も重要なコレクションのひとつである。多くの研究がなされているにもかかわらず、この作品群は未だに謎に包まれたままである。この非常に繊細なベージュの素地の生成が、硬磁器に使われるとても白いカオリン土が含まれている、と確定することはできたが、制作地や作者については確認ができていない。しかしながら、この作品群の珍重さ、豪華さ、独創性は、一方では、モンモランシー=ラヴァル(OA10589)の紋章のもつ名門の証、他方では、例えばアンヌ・ド・モンモランシーのような高官の財産目録の貴重品の記述が、おそらく王アンリ2世の側近の洗練された宮廷人の中に、庇護者を捜し求めることができるということを、示そうとしているのかもしれない。

特徴的な装飾

クリーヴランドやエジンバラの美術館に保存されている水差しに近いこのルーヴルの水差しは、刳り形を施された脚、独創性にあふれた取っ手につながる細い頸を頂くふくらみのついた胴体から構成されている。この作品群の他の作品のように、浮き彫りの刳り形を施された装飾(貝殻模様、口を開けた人面像、小天使の頭、巻きつく皮模様)が、付け加えられているのが見受けられる。これらの、浮き彫りの刳り形ではっきり分かれた仕切り区の中に、フリーズや、時に厳格な幾何学的模様、また時には唐草模様に飾られた、より曲線的なリボンが巻きついた散らし模様の、組み紐文の動きを構成している。少し注意してみると、構成要素の中心には、水差しのふくらみ部分に散りばめられ、装飾の中に巧みに配置された、Gの紋章が見られる。この文字は現在、ポワトゥーのブレシュイール(サン・ポルシェールはその管轄下)の領主であった、ジル・ド・モンモランシー=ラヴァルの紋章であったとして確認されている。

貴重な品

この作品の形と装飾はマニエリスム的趣味の集大成であり、他の分野の装飾芸術の技法をも取り入れている。全体の形状は金属細工から着想を得ており、とくに蛇の形の取っ手や、貝殻の形の注ぎ口に、同時代のマニエリスト職人たちのデザインからの借用を、数多く確認できる可能性がある。繰り返す幾何学模様については、製本用の金属板に見られるものに似ている。この一致はあながち偶然でもない。というのは、アンリ2世の治世は、フランスの製本技術の黄金時代だったのである。模様については、ばれんを使って、透明な鉛を含む釉薬の下に、象眼細工で色付けをした土を定着させることで得られる。ときに不規則な結合部分は、この作品の全体的な質や綿密さの評価を下げるものではない。

出典

- JESTAZ Bertrand, Poteries de Saint-Porchaire, in La Revue de Louvre et des Musées de France, 1975, n° 5/6, p. 384-396.

- Cinq années d’enrichissement du patrimoine national, Cat. d'exposition, Paris, Grand-Palais, 1980-1981, p. 36-38, n° 27.

- Louvre. Guide du visiteur. Les Objets d’art. Moyen-Age et Renaissance, Paris, Editions de la Réunion des Musées nationaux, 1994, p. 123-124.

- DURAND Jannic, Le Louvre : Les Objets d’art, Paris, Éditions Scala ; Editions de la Réunion des Musées nationaux, 1995, p. 67.

作品データ

  • ジル・ド・モンモランシー=ラヴァルの紋章入りの水差し

    1559年以前?

    旧エドゥアール・ド・ロスチルドのコレクション

    サン・ポルシェール(フランス、ドゥー・セーヴル県)の工房

  • 鉛を含む釉薬を引いたカオリン土、型押し装飾

    高さ37.20cm

  • 1974年、G.ピアティゴルスキー夫人、旧姓名J.ド・ロスチルドの寄贈

    OA 10589

  • 工芸品

    リシュリュー翼
    2階
    マクシミリアンの狩猟の間
    展示室19

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する