Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>タニスの大スフィンクス

作品 タニスの大スフィンクス

古代エジプト美術部門 : 宗教と葬祭信仰

タニスの大スフィンクス

© 2003 Musée du Louvre / Erich Lessing

古代エジプト美術
宗教と葬祭信仰

執筆:
Lili Aït-Kaci

スフィンクスとは、獅子の身体と王の頭部からなる怪物のような姿をした生き物である。このスフィンクスにはアメンエムハト2世(第12王朝、前1929-前1895年)、メルエンプタハ王(第19王朝、前1212-前1202年)、シェションク1世(第22王朝、前945-前924年)の名前が次々に刻まれたが、いくつかの詳細部分を手がかりに、さらに遡った古王国時代(紀元前2600年頃)のものだと主張する考古学者達もいる。

タニス

この彫刻は、エジプト国外で保存されているスフィンクス像のうち、最も大きいものの一つで、1825年に、第21-22王朝の首都であったタニスのアメン・ラー神殿の廃墟で発見された。この石造彫刻は、細部の彫りの正確さ、表面の磨き具合、威厳のある雰囲気など、見事な出来ばえを示している。スフィンクスは体を伸ばして伏臥(ふくが)し、爪を出し、今にも飛びかかってくる印象を与える。台座の上、スフィンクスの四本の足下には、カルトゥーシュ(王名を囲む長楕円形の枠)を連想させる「シェン」のヒエログリフが刻まれており、この彫像が王の記念物であることを証明している。

再利用

読み取れる銘は全て後世に「横領」されたものなので、この記念像は制作された後、何度も再利用されたことが分かる。メルエンプタハ王(第19王朝)、シェションク1世(第22王朝)などの名が刻まれているが、原文は削り取られて消去されたために(所々にその痕跡は残っている)、この彫像が制作された年代を正確に把握することはできない。また、スフィンクスの顔は、資料が多くてよくその容貌が知られている王のうち、どの肖像にも似ていない。このように不明な点が多いので、考古学者達の見解は分かれており、第12王朝のものであるとする考古学者もいれば、第6王朝、あるいはさらに遡った第4王朝のものだと主張する考古学者もいる。

シェセプ・アンク

エジプトの人頭獅子身彫像を示すのに、普段ギリシャ語の「スフィンクス」という言葉が使われているが、これはこの像を表すのに適した言葉とは言いがたい。エジプト語のシェセプ・アンク(生きた似像)の方が、この種の図像や彫像を指すのに適した表現である。太陽神ラー(獅子の胴体)と王(人頭)の密接な関係を象徴し、「生きた王の像」として王の権力や、ラー神との親密な関係を示しているからだ。建造物や装飾における伏臥像は、神が出現する場所、例えば水平線と関連のある場所や神殿の入り口など、護衛あるいは守護者としてふさわしい場所に置かれ、敵を踏み殺している姿で表された立像は、敵軍からエジプトを守る守護者としてふさわしいところに配置されている。

出典

- ZIEGLER Christiane , Les Statues égyptiennes de l'Ancien Empire, Editions de la Réunion des musées nationaux, 1997, p. 39.
 
- G. ANDREU, M. H. RUTSCHOWSCAYA, C. ZIEGLER, L'Egypte au Louvre, Hachette, Paris, 1997, pp. 52 à 54.

- CHERPION Nadine, "En reconsidérant le grand sphinx du Louvre (A 23)", in Revue d'égyptologie, 1991, t. 42, pp. 25 à 41.

-  LECLANT Jean, Le Temps des pyramides, coll. "L'univers des formes", t. 1, Gallimard, 1978, p. 213.
 
- VANDIER Jacques, Manuel d'archéologie égyptienne, Picard, t. 3, 1958, p. 56.

作品データ

  • タニスの大スフィンクス

    古王国時代、紀元前2600年頃

    タニス出土

  • 彫刻(丸彫り)花崗岩

    高さ1.83m、幅4.80m、奥行き1.54m

  • 1826年に購入

    A 23

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    地上階
    スフィンクスの地下展示室
    展示室1

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する