Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>ドミティウス・アエノバルブスの浮彫

作品 ドミティウス・アエノバルブスの浮彫

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : ローマ美術

ドミティウス・アエノバルブスの浮彫

© 2010 RMN / Hervé Lewandowski

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
ローマ美術

執筆:
Astier Marie-Bénédicte

他の3枚の神話を題材にしたギリシア様式の破片(現在ミュンヘンに保管)と共に、マルスの原で発見された この浮彫は、おそらく前2世紀末に執政官ドミティウス・アエノバルブスにより設置された、建物に由来している。作品は兵士の調査登録、マルス神への雄牛、雄羊、豚の供儀を表現している。このパネルはローマ美術に特有の歴史的浮彫の最古のもので、この芸術の帝政時代の躍進を前兆するものである。

ドミティウス・アエノバルブスの建物

ローマのマルスの原で発見された当時、この細長い浮彫は、ネプトゥヌスとアンフィトリテの結婚式を祝う、海の生物の行列が装飾された3枚のパネルと共にあった。この他の3枚の浮彫は今日ミュンヘンの彫刻美術館に保存されている。祭壇の装飾というよりむしろ、これらの浮彫は、ネプトゥヌスとマルスに奉げられた神殿に、前2世紀末に設置された彫刻群の基盤の一部をなしていたのであろう。前122年の執政官、クナエウス・ドミティウス・アエノバルブス・がおそらくこの作品の発注者であろう。大プリニウスは『博物誌36巻26章』で、その神殿の装飾とネプトゥヌス、アンフィトリテ、アキレウス、ネレイスの彫刻群を、その当時ローマで活躍したアッティカの彫刻家スコパスの作品としている。

現在知られている最古の歴史的浮彫:調査登録の儀式

ミュンヘンの3枚の浮彫と違い、この作品は、5年に一度ローマで行われた調査登録というローマ特有の儀式を表している。パネルの左側はローマ軍の徴兵のための調査登録を表している。市民はまずその資産に応じて行政名簿に登録され、次にそれに従い、五階級に分かれた軍隊うちのひとつに配属される。行事は、戦の神マルス神へ奉げられる供犠で締めくくられる。雄牛、雄羊、豚はいけにえとして奉げられるため、いけにえ係の僧により祭壇に連れてこられる。この供犠はラテン語でスオヴェタウリレと呼ばれた。冑を被り、胴鎧を身に付けたマルス神は、監察官と、頭にベールをまとい月桂樹の冠を被った、神官たちの厳粛な行列を取り仕切っている。前100年頃に制作されたこの浮彫は、ローマ美術の中の重要な区切りにあたる。この作品は、ローマの政治と宗教の実例について、着衣や武具の形などの細部に渡り描かれた、現在知られている最古の浮彫である。この作品は、帝政期に公式美術の中で特に発展した、歴史的浮彫の伝統の始まりとなる。

参照の多様性

前2世紀、主にギリシア人の芸術家たちは、高官階級の願望をかなえるために仕事をした。事実彼らは、ローマ人発注者の思想を反映する、図式化された表現形態を発明することとなった。既存の模範が無いことから、ギリシア美術のレパートリーのなかに、ローマ独特の細部を混合したものを採用した。その様式にはしばしば迷いが見える。複数の題材と、大きく異なった様式の並置から、ドミティウス・アエノバルブスの祭壇の浮彫は、ローマ共和制美術の中に圧倒的な存在感を持つ多様性を物語っている。前110年頃、ルーヴル美術館の浮彫より前に制作された、神話主題の装飾列が描かれたミュンヘンの作品は、装飾の着想、題材、加工技術の高さよりギリシアヘレニズムの伝統から借用されたことがわかる。その反対にルーヴル美術館の、政治的、文化的図像を配した浮彫は、形成期のローマ美術の不安定さが見られる。それらの技術の未熟さは、ずっしりとした人物像、やや斜めの姿勢、不正確な遠近法の中に感じ取ることができる。

出典

STILP F., "Mariage et suovetaurilia, étude sur le soi-disant Autel de Domitius Ahenobarbus", Rivista di Archeologia, suppl. 26, 2001.
BARATTE Fr., L'Art romain, manuels de l'Ecole du Louvre, Paris, 1996, pp. 74-75.
TURCAN R., L'Art romain, Paris, 1995, pp. 35-38.
MEYER H., "Ein Denkmal des Consensus Civium", Bollettino Comunale di Archeologia, 95, 1993, pp. 45-67.
TORELLI M., Typology and Structure of Roman Historical Reliefs, Ann Arbor, 1982, pp. 5-25.
FRONING H., Marmor-Schmuckreliefs mit griechischen Mythen im 1. Jh. v. Chr. Untersuchagen zu Chronologie und Funktion, Main-sur-Rhin, 1981, pp. 114-120.
BONANNO A., "Roman Relief Portraiture to Septimus Severus", British Archeological Reports, suppl. 6, 1976, pp. 7-11.
COARELLI F., "L'ara di Domizio Enobarbo e la cultura artistica a Roma nel II secolo a. C.", Dialoghi di Archeologia, 3, 1968, pp. 302-368.
MICHON E., "Les bas-reliefs historiques romains du musée du Louvre" , Mémoires et Monuments, Fondation Piot, 17, 1909, pp. 147-157, fig. 1-3.

作品データ

  • ドミティウス・アエノバルブスの浮彫

    前100年頃

    Découvert à Rome, sur le Champ de Mars

    ローマ市内のマルスの原にて発見ローマ

  • 浅浮彫と高浮彫、大理石

    高さ1.20m、幅5.60m

  • 旧フェッシュ枢機卿・コレクション、サンタ・クローチェ宮殿、1824年購入

    《調査登録と供犠の場面》

    N° d'entrée LL 399 (n° usuel Ma 975)

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    ドゥノン翼
    1階
    ローマ美術 共和制時代 紀元前2‐紀元前1世紀
    展示室22

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する