Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>ネフェルトイティ王妃と思われる身体の彫像

作品 ネフェルトイティ王妃と思われる身体の彫像

古代エジプト美術部門 : 新王国時代(前1550-前1069年頃)

ネフェルトイティ王妃と思われる身体の彫像

© Musée du Louvre/C. Décamps

古代エジプト美術
新王国時代(前1550-前1069年頃)

執筆:
Lili Aït-Kaci, Marc Étienne

アマルナ時代の芸術家たちの技巧が、名人の域に達していたことを示している彫刻である。彫り師は、新教義により課されたカノン(規範)を忠実に守りながら新様式を究めることに成功している。この作品の成功の秘決は、ゆったりした流れのなかの繊細な彫りにあり、ふっくらとした下半身の線は、赤色珪岩に細かく彫られた衣装のひだによって強調されている。アメンヘテプ4世アクエンアテンの王妃ネフェルトイティの成熟した女体を表現したものとされている。

官能性

無名ではあるものの、手足を欠いたこの女体の持つ存在感や、あふれる官能美、そして見事な彫刻の彫りは驚嘆に価する。左足を前に出し、片腕は身体に沿って伸びており、もう一方の腕は前方に差し伸べていたと思われる。楽器を手にしていたか、あるいは何か物を差し出していたのだろうか。背面支持柱が付いており台座の上に置かれていたようだ。この彫像の姿勢は伝統的なものであるが、様式はアメンヘテプ4世アクエンアテンが自らのお抱え芸術家たちに課した、独創的な新規範に則ったものである。
薄い亜麻布の2着の衣装の見事な組み合わせによって、上半身と下半身の腰部から太腿にかけてのコントラストが調和されて和らいでいる。体の曲線とボリュームは、ひだ付きの、リボンをあしらった透明感ある衣装によって引き立てられている。

ポーズと肉付け

この作品の素晴らしさは、ポーズと肉付けの調和のとれた組み合わせによるところも大きい。伝統的なポーズによって得られる安定感は、背面支持柱や体に沿って伸びた腕、また人物を真正面からとらえる手法によって強調されている。一方、感性ある自然な人間味は、女性らしい肉体美の柔らかな肉付けによって醸し出されている。

ネフェルトイティ王妃

この彫像は無銘であるが、アクエンアテンの独特な規範が顕著に現れている作品であるため、年代や身元を特定することができた。アクエンアテン治世下では、赤色珪岩の使用は王族に限って認められており、また古代から、薄く透き通る亜麻布は神や王族に贈られた最高級の布であった。また、王とその妃ネフェルトイティの肖像のプロポーションは、アクエンアテン治世下の主要な建造物で発見された他の芸術作品でよく知られているものである。
かつてネフェルトイティは、この彫像(今日では欠落箇所がある)を介して太陽崇拝と結び付けられ、王夫婦の崇敬の対象となっていたのではないかと推測される。

出典

- Pharaohs of the sun, Boston, 1999, notice 49.

- The royal women of Amana, New York, 1996, P. 28.
 
- Africa, The art of a continent, Royal Academy of Art, Londres, 1995, P. 84.

作品データ

  • ネフェルトイティ王妃と思われる身体の彫像

    新王国時代、第18王朝、アメンヘテプ4世治世下、前1353-前1337年

  • 赤色珪岩

    高さ29cm

  • 1956年に購入

    E 25409

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    2階
    新王国時代:アクエンアテンとネフェルトイティの時代 紀元前1353‐紀元前1337年頃
    展示室25

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する