Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>パンアテナイア祭の黒像式アンフォラ

作品 パンアテナイア祭の黒像式アンフォラ

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

執筆:
Marmois-Sicsic Sophie

通称「パンアテナイア祭のアンフォラ」とよばれるこの壺は、アテナイの聖なるオリーブ油を収容した、大パンアテナイア祭のために制作された。これらは、多種の運動競技の優勝者たちに贈呈するため、陶芸画家や陶芸家に正式発注された。これらは、紀元前6世紀中旬からヘレニズム時代の間、その形、構成、常に黒像式で制作されたその装飾により際立っていた。

パンアテナイア祭のアンフォラ:優勝者への賞品

アテナイにて、パンアテナイア祭のアンフォラは、四年に一度開催されたパンアテナイア祭の競技会の優勝者に贈呈された賞品であった。大パンアテナイア祭の創設は紀元前566年より、アテナイの人々に運動競技を組織する機会を与えた。そのなかには武装者の競争、競馬、音楽コンテストなどがあった。ギリシア大競技会の際は、編みこまれた王冠が褒賞として与えられたが、アテナイの都市は、大パンアテナイア祭において、この都市の女神アテナの聖なるオリーブの収穫から抽出した油が収められたアンフォラを優勝者に捧げることで彼らを称えた。それらの賞に関する紀元前6世紀の碑文の発見により、各祭典にて生産された壺の数を推定する事ができ、それは約千五百個に達する。与えられた壺の数は、参加した競技と選手の年齢により変化する。戦車競争の優勝者は百四十個のアンフォラ(または約五千リットルの油)を獲得し、流鏑馬の優勝者は四個のみ与えられた。勝者は、これらの壺と中身を売却することができた。というのもピンダロスによると、パンアテナイア祭の優勝者のみがアッティカ地方の油を輸出する権利があった。それはギリシア世界全体にこれらのものが広く普及したことを説明する。 

パンアテナイア祭のアンフォラ:アッティカ地方の工房の生産品

各都市は、アンフォラの注文をするため陶器の工房の傍で公共競技会を組織していた。それらの形、装飾は紀元前6世紀中旬よりその生産が終了するまで体系化されていた。多くの画家がこの型のアンフォラを装飾し、そのなかでも特にクレオフラデスの画家やベルリンの画家が知られている。彼らの工房の印は、アテナの盾に表れている。例えばベルリンの画家についてはメデューサのマスクがそうである。このアンフォラは胴が太く、首と脚は細く、握手は首に接近している。すべて黒像式で制作されたこれらの装飾は、その一面に競技者が優勝した競技種目が表現されている。ルーヴル美術館のアンフォラには、武装者の競争、または重装歩兵競争が描かれている。もう一面には、常に冑を被り、槍と盾で武装したアテナが描かれている。このアテナ・プロマコスまたは戦いの準備ができたアテナは、鶏、またはこの作品のように、紀元前5世紀末より頻繁に見られるニケを模った彫像がのせられた二本の細い柱の間に位置している。紀元前4世紀第2四半期(363年頃)よりこの女神は左側に進むのではなく、その進行方向を変え、その盾の中に身を収めた状態で描かれている。

パンアテナイア祭のアンフォラに記載された文字

アテナを囲む二本の柱の側面に沿って二つの文が記載されている。アテナイの賞のうちの一つを意味する「トーン・アテネテン・アトローン」の文はこの壺の正式な印である。それに加え、紀元前4世紀に記載された、パンアテナイア祭のための壺と聖油生産の管理を担いった執政官の名は、ヒポダマス(375年から374年)の代より知られた執行官の名簿と照合することにより、このアンフォラの制作年を的確に推定する事ができる。ルーヴル美術館の壺に示された執政官ケフィソドロスの名は、この作品を紀元前323年から322年に制作されたのものとする。

出典

DENOYELLE M., Chefs d'oeuvre de la céramique grecque, 1994, p. 160,n 75.
Feuillet pédagogique n 3/24 : Le sport dans la Grèce antique.
Die Griechische Klassik, catalogue d'exposition, Berlin, 2002, p. 256, n 150.
BENTZ M., Les amphores panathénaïques : une étonnante longévité, in "Le vase dans tous ses états", catalogue d'exposition, Mariemont, 2003, p. 111-117.

作品データ

  • ニコマコスの連作(に帰属)

    パンアテナイア祭の黒像式アンフォラ

    紀元前323から322年

    ベンガジ(リビア)

    アテネ

  • 陶土、黒像式

    高さ66.5cm、直径32.6cm

  • 1851年購入

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

A面:トーン・アテネテン・アトローン(アテナイの賞のうちの一つ)執政官の名:ケフィソドロス