Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>メリマアトが奉献したアメン神とムウト女神の小像

作品 メリマアトが奉献したアメン神とムウト女神の小像

古代エジプト美術部門 : 新王国時代(前1550-前1069年頃)

メリマアトが奉献したアメン神とムウト女神の小像

© Musée du Louvre/C. Décamps

古代エジプト美術
新王国時代(前1550-前1069年頃)

執筆:
Christophe Barbotin

この2神像は、カルナクの神殿の主要な神、アメン・ラー神とその妻ムウト女神を表している。伝統的な持物(じもつ、人物を特定する象徴的な物)から神々を識別することができる。背面にある石板には2神の威力と、残虐なライオンとして現れる時もあるムウト女神の庇護によって享受できる全ての恩恵について言及している。

カルナクに君臨する夫婦

カルナクに君臨する神の夫婦として、彫像と同方向を見て左側にはアメン・ラー神、右側にはムウト女神が表されている。長い2本の羽が差し込まれた上部が広がった冠を戴いていることからアメン神であることが識別でき、ムウト女神は上エジプトと下エジプトの冠を組み合わせた二重王冠を戴いている。全ての神がそうするようにアメン神は、片手に生命の象徴であるアンク記号を握っており、ムウト女神は、アメン神の肩に手を添えている。これは、夫婦、神と女神、あるいは神と王などの組み合わせを表す際に用いる慣習的な仕草である。

献辞

とりわけ丹念に作られたこの小像の背面には、縦4行からなる銘文が刻まれており、アメン神とムウト女神の威力と持物について言及している。左側の銘文は、次ぎのように読み取れる。アメン・ラー神、二国(エジプト)に君臨する神、大空の神、ヘリオポリスの南に位置する権威あるテーベに君臨し、北ヘリオポリスの完璧な神、神々の王、ヌン(創世以前の混沌とした海)から出現した生きた姿の神、二国を照らす神、自ら若返る完璧な神、人間と神々を創り出した神。二国の神の審判で天秤にかけられるメリマアトは無罪と宣告される。要するにここでは、アメン神は創造神である太陽神として定義されている。最後に、故人(「無罪と宣告された者」と記されている)となった役人メリマアトの名から、この小像の役割が分かる。要するにこの小像は、アメン神殿に冥界での永遠なる生命を乞うために奉献品として奉納されたことが分かる。

恐ろしい女神

背面の右側に刻まれた後半の銘文は、ムウト女神について言及している。「偉大なるムウト、アシェルゥ(カルナクのムウト神殿の名前)の貴婦人、ウアジェト、カルナクの貴婦人、偉大なるセクメト女神、ラー神の眼、エジプト南部と北部の君主、悪を撃退し、反乱者を打ちのめし、町に攻め入る者を全滅させた女神。ムウトから恩恵を授かる幸福な者には、いかなる悪をも寄せ付けさせない。」気品あふれる平穏な顔の裏には、ウアジェト、セクメト、あるいは太陽が敵を全滅させるために送った、敵をむさぼる眼「ラー神の眼」と言う名前で呼ばれる残虐な猛獣であるライオンが眠っている。他の情報源から、ムウト女神がこのような二面性を持っているがゆえに、ラメセス神殿の守護神としてしばしば選ばれたことが分かっている。この銘文の背後には、アクエンアテンにいかなる存在の機会も与えないように、その名を決して挙げることなく、数十年前に遡るアクエンアテンのクーデタの企てや、彼の思い出がそれとなく暗示されている。敗者に災いあれと。

出典

Statue dédiée par Mérymaât, préposé à la balance. "- Mout la grande, dame de l'Achérou, Ouadjet, dame de Karnak, Sekhmet la grande, oeil de Rê, souveraine du Sud et du Nord, qui repousse le mal, chasse le trouble, apporte l'anéantissement à qui (l')attaque en sa ville. Comme il est prospère son protégé ! Le mal ne l'atteindra pas. - Amon-Rê, seigneur des trônes des deux terres, seigneur du ciel, roi des dieux, au grand prestige dans l'Héliopolis du sud (Thèbes), au parfait visage dans l'Héliopolis du nord, dieu vivant issu de l'océan primordial, qui illumine les deux terres de ses rayons, qui rajeunit de lui-même, en perfection, qui crée la semence des hommes et des dieux. - Le préposé à la balance du seigneur des deux terres, Mérymaât, acquitté."

作品データ

  • メリマアトが奉献したアメン神とムウト女神の小像

    第19王朝、前1295-前1186年頃

    おそらくテーベ地方出土

  • 丸彫、かつて銘文に施されていた象嵌細工、褐色の石(グレーワッケ)

    高さ16cm、幅8cm、奥行き7.50cm

  • 1852年以前、収蔵

    N 3566

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    2階
    新王国時代:ラメセスの時代 紀元前1295‐紀元前1069年頃 王子と廷臣
    展示室28

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する