Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>メロエで発見された供物卓

メロエで発見された供物卓

© Musée du Louvre/C. Décamps

古代エジプト美術
宗教と葬祭信仰

執筆:
Pierrat-Bonnefois Geneviève

供物卓は、死者と神々の儀式に欠かせない品である。一本石で彫られ、彫像や墓にある呪術的偽扉( 死者が生者の世界に出入りできる扉)の前に置かれていた。この供物卓は、ナイル川の第5カタラクト(早瀬)の上流、現在のスーダンのメロエから出土した。メロエは、かつて存在していた王国の首都で、そこから出土したこの供物卓は、きわめて珍しいものである。

供物卓

供物卓は、エジプトの神々や死者の儀式で最も重要なものである。石板の上に食物や飲み物の供え物が水平に描かれ、食物を清める聖水をかけると、聖水が地面に流れるように溝が彫られている。
冠のように一列に並んだ円は、おそらくパンを表しているのだろう。その上に、垂直に立ておくステラ(石碑)によく見られるような図像が彫られている。左には女性が、右には犬の頭をした男性が前屈みになり、前方にある壺から汲んだのだろうか、液体の供え物を地面に注いでいる。中央には、睡蓮の形をした支えの上に盆が載せられ円が彫られている。丸いパンが置かれたエジプトのテーブルを描いたものである。パンから溝を通って外部へ向かう線は、おそらく清めの儀式の聖水を表していて、彫り師にとっては、二人の人物が注いでいる液体と同じものを表現していたのではないかと推測される。

王国の首都、メロエ

旅行家であったフレデリック・カイヨは、1821年にナイル川の第6カタラクトを越えたところで、美しい金色砂岩でできたピラミッドと、忘れさられていた王国の王墳墓群を発見した。さらに、そこから4キロ離れた所で、紀元前6世紀からこの王国の首都となったメロエの遺跡が見つかった。そこで、英国人ジョン・ガースタングは1909年にこれらの遺跡の発掘を行い、アメン神殿の周壁を掘り出した結果、儀式の様子が当時の人々によって記された壁が発見された。この供物卓も、20世紀初頭に、メロエ発掘現場で彼によって発見されたものである。ガースタングの発掘記録文書は、第二次世界大戦時に部分的に消失したため、供物卓の正確な発見場所は分からなくなってしまったが、ジョージ・ライスナーとダゥズ・ダンハムが1920年から1923年にわたってメロエ時代の貴族墳墓群地帯で行った発掘から、これに類似した供物卓が多数出土している。

エジプト伝統を受け継いだ典型的な作品

これらのメロエの供物卓は、紀元後2世紀から3世紀頃の物と特定されている。石板の形や丸いパンがエジプト伝統に則して描かれているのに対し、盆の支えは紀元前末期のヌビアでよく見かけられる睡蓮の形で描かれている。一方、普通の供物卓には、盆の上に供え物を盛った食事が描かれるものだが、メロエの供物卓は食事の模写の概念を壊し、ステラの概念に似た図が描かれており、そこでは、犬の頭をしたアヌビス神とネフティス女神が、前に屈んで聖水を供えている姿が常に描かれている。確かに、メロエ時代の文化はエジプト宗教の形式や概念から影響を受けているが、独特の方法で選ばれ表現されている。供物卓の縁に見える文字は、エジプト語のデモティック文字(民衆文字)から派生したメロエ文字である。メロエ文字の表記は判別されているが、メロエ語はいまだ完全に解読されていない。

出典

Catalogue de l'exposition "Portes pour l'Au-delà. L'Egypte, Le Nil et le champ des offrandes, Montpellier, 1992, p. 173, notice n 80

Catalogue de l'exposition Naissance de l'Ecriture, catalogue d'exposition, Editions de la Réunion des musées nationaux , Paris, 1982, p. 164, notice n 108

作品データ

  • メロエで発見された供物卓

    前3世紀-後3世紀

    スーダン、メロエ出土、1909-1913年のガースタングによる発掘

  • 砂岩

    高さ35cm、幅33.50cm、厚み9cm

  • 1913年に取得

    D 77

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    2階
    ヌビアとスーダン
    南階段

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する