Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>ルイ15世の孫、ブルゴーニュ公の祈祷用具

作品 ルイ15世の孫、ブルゴーニュ公の祈祷用具

工芸品部門 : 18世紀:ロココ

ルイ15世の孫、ブルゴーニュ公の祈祷用具

© 1990 RMN / Daniel Arnaudet

工芸品
18世紀:ロココ

執筆:
Barbier Muriel

この祈祷用具は、たらい一つ、水瓶2本、磔刑像が1本と鈴が1個からなり、ヴェルサイユで、王太子ルイの長男、ブルゴーニュ公(1751-1761年)が使用していた。道具は部分的にしか残っておらず、聖水盤、カリス(聖杯)、パテナ(聖体皿)は消失してしまっている。王御用達の金銀細工師、フランソワ=トマ・ジェルマン(1726-1791年)の手によるこの作品は、ほとんどすべてが失われてしまった、この職人の宗教的な作品、そして王子達の金銀細工道具の、珍重な例の一つである。

王子達の金銀細工道具

昔の王政下での慣習によると、王子は7歳になると、「女性」から離れて、「男性」の下へ行かなければならなかった。その時からは、彼の教育を担当する、養育係と、教師が付く。また、自分専用の祈祷用具や、テーブル、寝室の金銀細工品を与えられる。もし王子が成人する前になくなった場合は、それらの品は、彼に仕えたものたちの間で分けられえた。ブルゴーニュ公は、1751年に生まれ、10歳で亡くなっている。よって彼の金銀細工道具は、彼の教師、コトロスケ卿に託され、彼はそれを自分の甥たちに遺贈した。その甥たちは、革命の際、道具をリュクサンブールに隠しておいたが、その後ポンブリアン家の手に渡った。そうして、この一式は残存することができた。

ジェルマン一族の祈祷用具

1727年と1765年のあいだに、10揃いの祈祷用具が王室家具調度管理官に記録されているが、そのうちの9揃いがジェルマン一族から届けられた。トマ・ジェルマン(1673年頃―1748年)はそれぞれよく似た5揃いの祈祷用具を納入した。よって、彼の息子、フランソワ=トマ(1726-1791年)は、ルイ15世の孫たちのための祈祷用具の制作を依頼された際に、父の作品の型を所有していた。彼は、ルーヴル蔵のブルゴーニュ公のものを含む、4揃いを納入した。古文書の記述によると、それら4揃いは、ジェルマン父が制作したものにくらべ、彫金の細部がごくわずかにちがっていただけだった。

古い型を基にした祈祷用具

ブルゴーニュ公の祈祷用具は、王室家具調度管理官に1758年8月18日に登録されている。他のもの(現在は消失)より高さがあり、重たかったカリス以外は、以前のものと比べて彫金の細部が少し異なるだけであった。道具にはすべてブルゴーニュの紋章がついており、洗面器と振り鈴には、モザイク模様で白百合が彫金されている。平条の装飾が施され、貝殻の形の蓋を持つ水瓶は、他の道具の装飾と合っていないが、これはフランソワ=トマ・ジェルマンが届けた、すべての祈祷用具に共通して見られる点である。磔刑像は、内旋状の脚をもち、貝殻形装飾が施された台座に支えられ、端には丸彫りの白百合があり、非常に自然主義的に表現されたキリストの像が施されている。燭台は同じ台座をもち、ねじれ溝彫りの柱身と、反りひだ装飾の蝋受けから構成されている。これらの形状はすべて、フランソワ=トマがすでにロカイユ風の、金銀細工品を制作していた当時には少し古風であった。それは、彼の父親の型を再利用していたことにあるにちがいないが、それだけではなく、宗教的金銀細工道具の、少し保守的な面もその理由であったにちがいない。

出典

- PERRIN, C., François-Thomas Germain, orfèvre des rois, Paris, 1994, pp. 75-76.

作品データ

  • フランソワ=トマ・ジェルマン(1726-1791年)

    ルイ15世の孫、ブルゴーニュ公の祈祷用具

    1757-1758年

    フランス、ヴェルサイユ

    フランス、パリ

  • 金鍍金した銀

    磔刑像:高さ0.71m、幅0.30m、奥行き0.16m、燭台:高さ0.53m、幅 0.16m、奥行き0.14m、洗面器:高さ0.070m、幅0.232m、奥行き0.164m水瓶:高さ0.144m、幅0.09m振り鈴:高さ 0.15m、直径 0.08m

  • 1969年、ルーヴル友の会より寄贈

    OA 10358

  • 工芸品

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

年号の焼印:1758職人の焼印:François-Thomas Germain