Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>兵役終了証書

作品 兵役終了証書

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : ローマ美術

兵役終了証書

© 2004 RMN / Hervé Lewandowski

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
ローマ美術

執筆:
Astier Marie-Bénédicte

兵役をすべて終了した兵士たちは、皇帝の名において、与えられる特権とその受益者の名前が記載された、律文が刻まれたブロンズの板の証書を受理する。この証書は紀元139年にクイントゥス・フラヴィウス・アマティアヌスが指揮したガラティア第二歩兵隊で活動した、ガイウス歩兵に与えられたものだ。これはパレスチナのローマ軍の編成とその指揮者、兵士の待遇についての情報を提供している。

ローマ軍の退役軍人への報奨

紀元3世紀まで行われていた慣習によれば、皇帝は25年間の兵役終了後の兵士に報奨を与えていた。ブロンズの板の上には律文が刻まれ、与えられる特権とその受益者の名前が記載されていた。その写しを依頼した全ての兵士は、兵役終了証書という、自分の名前だけが記載された写しを受け取る。この証書はシリアに由来するもので、ティベリア湖近くの都市アファカ、現代のフィックにて発見された。これらの証書は、通常の場合2枚のブロンズ製長方形の板の上に書かれており、それぞれの板に開けられた穴に通された紐にて結ばれ、スズにより溶接されている。一枚は法文が記載され、もう一枚には文書が正確で本物であることを承認した、7人のローマ市民の証人の名前が刻まれ、今日では失われた蝋の印章により証明してあった。

形式化された内容

これらの文章内容を個別化する受理者の名前を除けば、これは、他に発見された多くの兵役終了証書の項目内容と同じように構成された、形式化された事務的な書類である。皇帝の名前と受理者の名前が第一に表示され、その次に配属部署、駐屯地と部隊の指揮者の名前が記載されている。その後、その退役軍人の功労と与えられる特権、日付、証書を受理する者の名前とこの特権を分かち合う受理者の家族の名前が記載されている。碑文は最後に証人の名前と原本が張り出さる場所、すなわちローマのフォルム(公共広場)南東に位置するミネルヴァの神殿近くの、神格化されたアウグストゥス帝の神殿の壁のことを記している。

ガイウスの兵役終了証書

この証書は紀元139年のアントニウス・ピウスの統治下に、クイントゥス・フラヴィウス・アマティアヌスが指揮したガラティア・ウルピウス第二歩兵隊に勤務した、二コメディア(現イズミット、トルコ)出身のガイウス歩兵に交付されたものである。外側の一枚の板に記載されている法文はローマの軍隊編成、その指揮者と兵士の社会的境遇についての貴重な情報を形成している。この書類は、紀元132年直後のバル・コクバの反乱と、その後の厳しい鎮圧に参加した、パレスチナ軍の一部であった外援軍(3翼の騎兵隊と12の歩兵隊)の構成を明記している。証書の内側には、外側より雑な文字で同じ文章が手早く彫刻されている。言葉は不規則に簡略化してあり、文章の構成要素もいくつか省かれており、部隊の名所はしばしば不完全なものとなっている。伝統に則り、ガイウスとその末裔に与えられた特権は、法的に認められる結婚(コヌビウム)とローマの市民権であった。

出典

A. Héron de Villefosse, "Diplôme militaire de l'année 139, découvert en Syrie. Note de M. Héron de Villefosse, membre de l'Académie", Comptes-rendus de l'Académie des Inscriptions et Belles Lettres, 1897, p. 333-343, p. 348, p. 678-684.

作品データ

  • 兵役終了証書

    紀元139年

    アファカ(現フィック)、ジョラン地方、シリア

    シリア

  • ブロンズ、槌打ち、彫刻

    高さ11.8cm、幅13cm

  • 1897年ドゥリゲッロ氏寄贈

    Br 4088

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    シュリー翼
    2階
    ブロンズの間
    展示室32

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

板の裏表に2つのラテン語長文