Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>冑を被ったアテナ、通称「ヴォギュエのアテナ」

作品 冑を被ったアテナ、通称「ヴォギュエのアテナ」

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

冑を被ったアテナ、通称「ヴォギュエのアテナ」

© 2006 Musée du Louvre / Daniel Lebée et Carine Deambrosis

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

執筆:
Astier Marie-Bénédicte

ヴォギュエ侯爵の寄贈であるこの頭部は、冑を被った姿のギリシアの女神、アテナの肖像である。多色技法の明色加筆と、今日に唯一その跡を残す、固定のための穴により付け加えられた金属部は、本来の作品に存在した。そのゆるぎなさと厳粛さよりこの表情は、紀元前5世紀初期の厳格様式の発展において、アイギナ島の彫刻家が担った支配的な役割の希少な証拠である。

女神アテナ

この女性の頭部は、プルタレス・コレクション、次にヴォギュエ侯爵と相次いで収集された。そして後者は、1917年ルーヴル美術館にこの作品を寄贈した。今日失われた体とは別に加工されたこの頭部は、本来アテナを表現した彫像にはめ込まれていた。その冑はこの女神の戦いの役割を想起させる。

彫刻とはめ込まれた部品

多数の固定用の穴は、この大理石作品を引き立てるためにはめ込まれた、金属部品の本来の存在を示唆する。こめかみに固定された髪のカールは、頬に沿って垂れ下がっていた。宝石は耳たぶを飾り、目は眉毛により縁取られている。冑は、中央の帯びに固定され、頭に持ち上げられた襟首の覆いと頬当てにより補完されていた。頭部全体の上に位置する、おそらく大理石製の飾冠は、頭部の頂点に位置するほぞ穴にはめ込まれていた。全く跡を残していない絵の具は、おそらく無表情で厳粛なこの顔に付け加えられていた。

厳格様式の作品

この作品はアッティカ地方の西海岸の沖合に位置する、アイギナ島にて発見された。紀元前5世紀前半この島は、アテナ・アファイア神殿の建築装飾を担った彫刻家の繁栄した工房を収容していた。これらの彫刻家は徐々にアルカイック様式から開放され、より自然な技法へと移り変えていった。ペディメントを装飾した彫刻の断片は、今日ミューヘン彫刻美術館に保管されている。それらは、特にその構想の変化を物語っている。アルカイック時代に特徴的な装飾的取り決めは、西側ペディメント支配し続けているが、東側のペディメントは、既に厳格様式である。東側の人物像の美的感覚に極めて近いこのアテナの頭部は、厳格様式の発展においてこれらの彫刻家が担った、支配的な役割の希少な証拠を提示している。紀元前470年から460年頃に制作されたこの頭部は、それら全ての特徴を担っている。それはアルカイック・スマイルを失ったことによる、ゆるぎなさと厳粛さの表現、より分厚い上瞼により縁取られた目、まるい顎などである。目、耳、口などの肉体の明細は、自然な形で表現されている。

出典

- HAMIAUX M., Les sculptures grecques, I, 2e édition, Paris, 2001, p. 104-105, n 93.

- WALTER-KARYDIE E., "Die letzen Ägineten. Giebelplastik und die äginetischen Meister", in Revue Archéologique, 1999, 2, p. 283-293, fig. 10-13.

- COLLIGNON M., "Une sculpture d'Egine. Tête d'Athéna en marbre (Collection de M. le marquis de Vogüé)", in Monuments et Mémoires. Fondation Piot, 13, 1906, p. 167-174, pl. 16-17.

作品データ

  • 冑を被ったアテナ、通称「ヴォギュエのアテナ」

    紀元前470年から460年頃

    アイギナ島

  • 丸彫、はめ込まれた跡。パロス大理石

    高さ28cm

  • 旧プルタレス・コレクション、1917年ド・ヴォギュエ氏寄贈

    Ma 3109

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    ドゥノン翼
    1階
    オリンピアの間
    展示室4

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する