Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>呪文に覆われた、バステト女神に仕える神官の彫像

作品 呪文に覆われた、バステト女神に仕える神官の彫像

古代エジプト美術部門 : 宗教と葬祭信仰

呪文に覆われた、バステト女神に仕える神官の彫像

© 2010 Musée du Louvre / Georges Poncet

古代エジプト美術
宗教と葬祭信仰

執筆:
Etienne Marc

バステト女神に仕える神官の一派が奉献したこの彫像は、公共の広場に置かれていた。「ワニの上のホルス」と呼ばれるステラ(石碑)を持つ男性を表している。古代のエジプト人は、彫像に刻まれた呪文とステラに水を注ぎ、そこを伝った水を飲用すれば有毒な動物に噛まれた傷は治ると信じていた。

彫像の中にあるステラ(石碑)

紀元前7世紀から、この作例のような「ワニの上のホルス」タイプのステラを持った人物彫像が多く見られるようになる。硬質で黒みがかった石に彫られ、手足と顔以外は、細かく彫られた呪文と守護神の図像で覆われている。
ルーヴル美術館のこの彫像は、肉付きのいい頬、かすかな微笑を湛えた顔など、末期王朝時代彫刻の一般的な特徴を備えている。しかし、彫像の正確な使用方法を刻んでいるものはこの作品だけである。像に水を注ぐと、彫られている呪文の持つ治療効果が水に染み込み、それを飲むよう命じている。彫像の寄進者であるバステト神に仕える神官達は、ステラのすぐ上に彫られ、このステラを持っている人物は、彼らを代表する神官を表しているのだろう。彫像は、おそらく殿前の広場にあった礼拝堂の中に置かれ、その礼拝堂にも同様な呪文が刻まれていたようだ。これらは民のために建てられ、民への慈善事業として使われていたものと考えられる。

有毒な刺し傷を治癒する

蛇やサソリ等の有毒動物は、エジプト人の日々の暮らしにおいて最も危険なものと見なされていた。特に幼児は、噛み傷や刺し傷で死ぬこともあった。彫像に刻まれた呪文は、ある神話の一幕を表したものである。母のイシス女神は幼いホルス神を、夫のオシリス神を殺害した者から守るためにナイル川のデルタにある沼地に隠すが、ホルス神はサソリに刺されてしまう。不動のホルスを見つけ、苦悩で気が狂いそうなイシスはなす術もなく、嘆いて太陽神ラーの運行を止め事情を説明すると、ラー神は彼女のもとにトト神をつかわせる。ヒエログリフの神、トトは毒を払いのける呪文を唱えてホルスを救う。一般の民のために彫られたこの彫像の呪文は、このトト神の呪文を引用したもので、呪文に注がれた水はトト神の呪文と同じ効力を得て、毒で苦しむ民を治癒した。

幼児神王、ホルス

新王国時代のお守りの中でも、王は世界の秩序を保障し、このような動物から身を守るための効果的保護者と信じられていた。アメンヘテプ4世の時代になって、蛇やサソリを取り押さえる「救い主」(あるいは祈祷師)シェド神の肖像が現れた。シェド神は砂漠の動物を狩り、弓で武装している若い神で、幼げに髪の房を横に束ね、王家の記章ウラエウスを掲げている姿で表されている。後にシェドは、「ワニの上のホルス」と呼ばれるステラの図像の中の幼児ホルス、あるいはイシスの息子で現世でのオシリスの後継者であるハルポクラテス神と同一視されるようになる。「ワニの上のホルス」という名称は、ステラの表面に彫られた幼児ホルスがワニを踏みつけ、危険な動物をも摑んでいる姿から由来している。

出典

- ZIEGLER C., BOVOT J.-L., Art et archéologie : L’Egypte ancienne,  Ecole du Louvre / Editions de la Réunion des musées nationaux / Documentation française, Paris,  2001, p. 278-279, fig. 171.

- ETIENNE M., Heka – Magie et envoûtement dans l’Egypte ancienne,  Catalogue d’exposition, Louvre/Editions de la Réunion des musées nationaux, Paris, 2000, p. 26, 31-32, 65-67, notice n° 207.

- ANDREU G., RIGAULT P., TRAUNECKER C., L’Abébédaire de l’Egypte ancienne, Paris, 1999, p. 64.

- LECLANT J., L’Egypte du crépuscule,  tome III., Editions L’Univers des Formes, Paris, 1980, p. 159, fig. 141.

作品データ

  • 呪文に覆われた、バステト女神に仕える神官の彫像

    紀元前4世紀

  • グレーワッケ、彫刻(丸彫りと浅浮彫)

    高さ67.70cm

  • 1898年にティシュキエヴィッチ・コレクション売却時に購入

    E 10777

  • 古代エジプト美術

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する