Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>哲学者兼修辞学教師、ヘロドス・アッティクス

作品 哲学者兼修辞学教師、ヘロドス・アッティクス

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : ローマ美術

哲学者兼修辞学教師、ヘロドス・アッティクス

© 1989 RMN / Hervé Lewandowski

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
ローマ美術

執筆:
C. Lepethouka

哲学者兼修辞学教師、アテナイの篤志家で、紀元101年頃に生まれ177年頃に死去したヘロドス・アッティクスは、この肖像では思想家として表現されている。軽く傾いた頭、瞑想に拭ける様子、その力強さと仕上げの美しさはヘレニズム時代の肖像の美術の傑作品を思い起こさせる。この作品には、彫刻家がギリシア出身という事実と、根強い彫刻の伝統の名残を明らかにする点が多く含まれている。

ヘロドス・アッティクス

アッティカで紀元100年に生まれ、177年に死去した ヘロドス・アッティクスは、哲学者で、ローマの元老院議員を務めた政治家、そして文芸の庇護者でもあった。ギリシアには、彼により建造または改修工事がなされた建築物が多数あり、とりわけアテナイの競技場と劇場が有名である。この布で覆われた胸像は、すでに年齢を重ねた男性の姿で、傾いた頭は物思いに耽った様子である。短く柔らかな毛筋で表現された髪と顎髭で周りを覆われた顔は、重々しい。2本の深い皺が刻まれた額の下にある遠くを見るような視線は、刳り貫かれた瞳孔にて生命を吹き込まれている。この肖像は、ヘロドス・アッティクスの名前で認知された、コリントスで発見されたヘルメス柱の上部にあたるものを含め、数点の複製品により知られている。

副葬品

この胸像は、アッティカ地方のマラトン付近のプロバリントスにある墓にて発見された。同じ場所からマルクス・アウレリウス帝の肖像(Ma 1161)とオックスフォードに保管されている共冶帝のルキウス・ウェルスの肖像が発見された。この組み合わせは偶然のものではない。というのもヘロドス・アッティクスはこの2人の友であり師匠でもあった。この墓がこの哲学者兼修辞学教師のものであるとも考えられる。というのは、彼は自らの出身地のマラトン付近に別荘を所有し、ここで最期を遂げたことが分かっているからである。マルクス・アウレリウス帝の胸像は紀元161年に制作されたが、ヘロドス・アッティクスはその頃六十代であり、この胸像に表わされている年代に合致するように思われる。その結果、この胸像は紀元161年頃の制作と推定される。

ギリシア人彫刻家による作品

この肖像は前4世紀のギリシアの、哲学者や雄弁家の彫像の伝統に倣っている。物思いに耽るように頭を傾けるヘロドス・アッティクスからは、デモステネスやソフォクレスを思い起こさずにはいられない。
彫刻家はギリシア美術より、図像の型式を借用しただけではない。というのもここでは、当時のローマの下彫り工がもはや行っていなかった、下準備の工程の簡素な手法が用いられている。その手法、特にモデリングの高度な技術や、髪の細部表現に用いた穿孔機の抑えた使い方などの中に、ギリシアの彫刻の伝統をより強く思い出させるものがある。
しかしながら、虹彩が刻まれ瞳孔が小円錘形に彫られた目の加工の仕方はローマ時代独特のもので、これが紀元2世紀の作品とすぐに判断できる。大部分にギリシア美術より着想を取り入れたとはいえ、この彫刻家は、肖像をより生気に満ちたものとするため、ローマの彫刻家によってもたらされた新しい技術を身につけていたと言えよう。
この胸像の作者は、おそらく同じ墓にて発見されたマルクス・アウレリウス帝の像の作者と同一人物であろう。しかし、ここでは公的な肖像に付きまとう制約に束縛されなかった作家はおそらく、皇帝の肖像より、哲学者の肖像制作においてより幅広い表現の自由を得られたのであろう。それは、この肖像の要素がより自由に見えて、この肖像の中に真の傑作品を見い出すことができることを、説明しているのであろう。


出典

- CHARBONNEAUX J., "Portraits du temps des Antonins", in Monuments Piot, t. XLIX, Paris, 1957, p. 76, fig. 11.

- L'art de Rome et des provinces, catalogue de l'exposition, Metz, Reims, Strasbourg, Lille, Dijon, Grenoble, Nantes, 1970-1972, n 33.

- KERSAUSON K. (de), Catalogue des portraits romains, II, Paris, Editions de la Réunion des musées nationaux, 1996, n 132, pp. 290-293.

- BOL R., "Die Porträts des Herodes Atticus und seiner Tocher Athenais", in Antike Kunst, 41. Jahrgang 1998, Heft 2, pp. 118-128.

STAVRIDIS A., "Contribution à l'iconographie d'Hérode Atticus", in Archeologikon Delfion, 1998, pp. 161-164.

作品データ

  • 哲学者兼修辞学教師、ヘロドス・アッティクス

    紀元161年頃

    プロバリントス、マラトン付近、アッティカ地方(ギリシア)

  • 大理石、丸彫

    高さ62cm

  • 1789年フォーヴェルによって発見1818年までショワズル・グフィエ・コレクション1865年プルタレス氏競売

    Inventaire NIII 2536 (n° usuel Ma 1164)

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    ドゥノン翼
    1階
    ローマ美術:属州総督の反乱(紀元68年)から2世紀末まで
    展示室25

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する