Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>型抜き煉瓦の壁面装飾パネル

作品 型抜き煉瓦の壁面装飾パネル

古代オリエント美術部門 : イラン

型抜き煉瓦の壁面装飾パネル

古代オリエント美術
イラン

執筆:
Herbin Nancie

これらの型抜き煉瓦製の壁面装飾パネルは、スーサの丘陵にある神殿外装のファサードを飾るためのものであった。シュトルク朝の王朝崇拝に捧げられたこの記念碑は、この同王朝の諸王によって出資された。作品はクティル・ナフンテ王によって着手され、シルハク・インシュシナク王によって見事に完成された。ナツメ椰子を護る男-牡牛像は女神ラマと一緒に交互に表されており、女神自身は守護霊の女神とみなされている。

シュトルクのエラム王朝を祝う神殿

シルハク・インシュシナク王はスーサのふたつの大神殿を再建させた。アクロポリス丘にある高い神殿は、スーサ平原の主要な神インシュシナクに捧げられた。アパダーナ丘に建てられた神殿外装は、主にこの王とシュトルク王朝に属する王朝の王朝崇拝のためのものであり、そこに6世紀後にダレイオス王が彼の宮殿を建造する。これらの型抜き煉瓦製のパネルはこの建造物のファサードを飾っていたもので、作品の背丈の中ほどにこの建設状況に関する情報を与えてくれる碑文が刻まれている。実際、シクハク・インシュシナク王の兄弟キティル・ナフンテ王は大建造物の建設とその装飾を型抜き煉瓦の形で命じたが、彼はこの計画を実現する前に死んでしまった。そこでシルハク・インシュシナク王がそれを再開して見事に完成したのである。

女神と神話の創造物、自然と人間の守護霊

ナツメ椰子とそれを護る男-牡牛像からなる一組は、ラマ女神と交互に表現されている。伝統では、神殿の門を守衛する男-牡牛像は、人間的な精霊と牛の強力な力を組み合わせたものである。彼が神の世界に所属している証として、ここでは幾段もある角冠を載せることで強調されている。メソポタミアの神話では、この人物は太陽神シャマシュの侍者である。様式化されたナツメ椰子に組合せられた彼は、植生に最も重要な太陽の役割を連想させる。椰子=ナツメ椰子はメソポタミアの神話において主要な側面をもっており、イラン思想の重大な霊感の根源である。ナツメ椰子を産する果樹は、その全体のなかで植物界を象徴している。農耕収入が最も重要である平原地域の景観では、植生は人間の最大関心事である。高木のシュロの葉模様の亀裂は、それらを再び温める星の光線を思わせる。ラマ女神も同様に王家の肖像を護る守護霊の存在とみなされている。女神は祝福の特徴を示す姿勢で腕を上げて立ちすくんでいる。こうして信者は、神の住まいと王朝の礼拝堂の平穏を保障することを担った安堵感のある像で迎え入れられたであろう。

メソポタミアの影響

焼成粘土製の煉瓦は型抜きされているが、このタイプの建築装飾は既にカッシート王朝時代にメソポタミアのウルク市でイナンナ女神の捧げられた神殿のファサードに使用されていた。この装飾の製造技術および登場人物は、メソポタミア文化の近隣地方であるエラムへ及ぼした強い影響を明らかに示している。ただし、男-牡牛像の膝にある2本の描線およびエラム文字の碑文のような幾つかの図像の細部は、イラン文化のものである。

出典

- AMIET Pierre, Élam, Auvers-sur-Oise, Archée éditeur, 1966, p. 390, fig. 296 et 299.

- AMIET Pierre,  Suse : 6 000 ans d'histoire, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, coll. "Monographies des musées de France", 1988, pp. 98-99, fig. 57.

- BENOIT Agnès, Art et archéologie : les civilisations du Proche-Orient ancien, Éditions de la Réunion des musées nationaux, coll. "Manuels
de l'École du Louvre", Paris, 2003, pp. 360-361, fig. 181.

- Borne interactive du département des Antiquités orientales.

作品データ

  • 型抜き煉瓦の壁面装飾パネル

    紀元前12世紀中頃

    スーサ、アパダーナ遺丘

  • 焼成粘土

    高さ1.355m、幅0.375m

  • 1913-1921年、ローランド・ド・メクナン発掘;装飾パネルSb19575-19577は1991年にフィリップ・モーリス審査委員賞のおかげで修復された。

    Sb 2732, Sb 2733, Sb 2734, Sb 2735, Sb 14390, Sb 14391, Sb 19575, Sb 19576, Sb 19577

  • 古代オリエント美術

    シュリー翼
    1階
    イラン、中エラム時代のスシアーナ:紀元前1500‐紀元前1100年頃
    展示室10

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する