Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>大法官ナクティの大彫像

作品 大法官ナクティの大彫像

古代エジプト美術部門 : 宗教と葬祭信仰

大法官ナクティの大彫像

© Musée du Louvre/C. Décamps

古代エジプト美術
宗教と葬祭信仰

執筆:
Lili Aït-Kaci

彫り師は、最上質のアカシアを使い、一木造りでこのナクティの実物大の彫像を彫りあげている。木の台座には、直角に配置されたヒエログリフの銘が刻まれ、ナクティが現世と同じく、来世においても高級官僚として認められることが記されている。

第7号墳墓

1903年にフランス人考古学者たちが、中部エジプトに位置するアシュートの墓地群を発掘した際に、26基の墳墓が掘り出され、そのうち21基は約4000年間にわたって未盗掘の状態を保っていた。第7号の墓番号がつけられた大法官ナクティの墓の供物礼拝堂と四つの地下墓室からは、量的にも質的にもこの遺跡の中で最も重要な副葬品が出土した。これらの出土品は、カイロ・エジプト博物館とルーヴル美術館で分け合った。
墓の礼拝堂の北側と西側の厚い壁の中には、壁龕(へきがん、壁に設置された窪み)が2つ彫られ、その中にナクティの葬祭儀式用の木製の彫像が一体ずつ収められていた。彫像には装飾品が付けられ、永久に供えなければならない供物の模型がそのそばに置かれていた。
この彫像は、二体の彫像の大きい方で、台座にはヘネンと名付けられた貴婦人の裸体小像が置かれていた。

威厳ある風貌

ナクティは左足を前に出して立っている。両腕は体の横につけ、左手の拳を握り親指をぴんと伸ばしている。右手は、長すぎる指で衣装の脇を押さえている。糊付けされた亜麻の腰衣は、胴と腰の周りに彫られたわずかな厚みでそれと分かるベルトで締められている。鎖骨で強調された大きく張り出した肩が、細い体に威厳ある風貌を与えている。今日では、人間味のある表情を失ったナクティの顔面にも、かつては薄く化粧漆喰が塗られ、彩色が施されていたに違いない。その跡が左目の象嵌細工の付近や額や耳にまだいくらか残っているのが見える。短い髪と眉は、浅浮彫で彫られてから黒く彩色されて引きたっていたが、今日ではほとんど消えてしまっている。

アカシアの一木造り

この彫像は、アカシアの幹から一木造りで彫られたものである。軽い素材である木は、石像のように安定に不可欠な背面支持柱を必要としないので、背骨のくぼみ、肩甲骨のわずかな膨らみ、腰衣の下に見える臀部の控えめな肉付けなど、彫像の背面が丹念に彫り込まれているのを観察することができる。
縦の安定性を保つために、足の裏側のほぞを、アカシアの台座に開けられたほぞ穴にはめて彫像を固定している。また何箇所かに楔を打ち込んで頑丈に組み立てられている。

出典

- DELANGE E., "la tombe de Nakhti", Feuillet, Louvre, 2-02.

- ANDREU G., RUTSCHOWSCAYA M. H., ZIEGLER C., L'Egypte au Louvre, Hachette, Paris, 1997.

- DELANGE E., Musée du Louvre. Catalogue des statues égyptiennes du Moyen Empire, Editions de la Réunion des musées nationaux, Paris, 1987.

- ZIEGLER C.,  BOVOT J.-L., Art et archéologie : L'Egypte ancienne, Ecole du Louvre/Editions de la Réunion des musées nationaux/Documentation française, Paris, 2001.

作品データ

  • 大法官ナクティの大彫像

    中王国時代、第12王朝、センウセレト1世治世下(前1943-前1898年)

    アシュート出土

  • 彫刻(丸彫り)、象嵌細工、彩色、アカシア,銅含有の金属、白石、黒石

    高さ1.78m、幅0.49m、奥行き1.10m

  • 1903年に発掘の分割分としてエジプト政府から寄贈

    E 11937

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    2階
    中王国時代 紀元前2033‐紀元前1710年頃
    展示室23

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

台座の銘文「西方の冥界の王オシリス神の至福を受けた、優秀な大法官ナクティ」