Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>女性の肖像画

作品 女性の肖像画

古代エジプト美術部門 : ローマ支配時代のエジプト(前30年-紀元392年)

女性の肖像画

© 2007 Musée du Louvre / Georges Poncet

古代エジプト美術
ローマ支配時代のエジプト(前30年-紀元392年)

執筆:
Aubert Marie-France

若い女性の顔はほぼ正面を向き、胸部はわずかに左に向いている。緑色のクラヴィ(胸部を飾る縦長の帯)が入った黒っぽい貫頭衣を着用し、同様に黒っぽいコートを左肩にかけている。髪は真中から二つに分けられ、耳を隠し、頭の上で三つ編みに結われている。小さなカールが一列に並んで額を縁取っている。唇は特によく素描されており、顎に小さな窪みがある。

若い女性の肖像画

暗色の衣装、地味な髪型、控えめな装身具は、若い女性の顔と対照的である。卵形の顔は、バックからさらに際立つように輪郭に沿って黄土色の線で描かれている。濃い眉毛は、上部が黒の細かいハッチングで表され、長い鼻の素描は完璧である。また、真珠が3個ずつ付いた金の耳飾りをつけている。そのうち2個は水平な棒に吊り下げられており、このタイプの宝飾品はローマ支配時代に入って考案され、(後)1世紀から3世紀にかけて流行した。首飾りは、深緑の長い石とエメラルドが、2,3個が連なった真珠と交互に配置されている。エメラルドは自然な結晶の形、六方柱のままで使用されている。

高価な宝飾品

ギリシア人とローマ人は、宝石には、魔よけや魔術、占星術の力が備わっていると考えていた。エメラルドはダイヤモンドと真珠に次ぐ、第三位に格付けされており、ローマ支配時代には、エジプトのスマラグドス鉱山などで採掘されていた。真珠は、ローマ帝国では、最も人気のあった装身具で、最も高価な宝石でもあった。紅海及びペルシア湾から運び込まれ、ディルムーン島(現在のバーレーン)出産の真珠が、最も美しいとされていた。

技術

バック、顔面、および髪型は、密度の濃い、細かい筆使いで描かれているのに対し、衣装は、隙間が見えるほど密度が薄い、幅広の筆使いで描かれている。絵師は、髪には特に気を使っていて、今日ではかすかにしか見えないが、暗色の平行線で巻き毛になっている髪の様子を丹念に描写している。鼻の上に見える黒っぽい染みは、絵の具が損耗した箇所で、黒い下塗りが透けて見えているためだ。

出典

Catalogue de l'exposition Un siècle de fouilles françaises en Egypte 1880-1980, Paris, musée d'Art et d'Essai-Palais de Tokyo, 21 mai-15 octobre 1981, n 339

作品データ

  • 女性の肖像画

    後2世紀

    アンティノポリス出土、1904-1905年、A.ガイエによる発掘

  • イチジクの木、蝋画

    縦36.8cm、横17cm

  • 1905年、A.ガイエの発掘による寄贈

    E 12569 (P 214)

  • 古代エジプト美術

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する