Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>子供の屍衣

作品 子供の屍衣

古代エジプト美術部門 : ローマ支配時代のエジプト(前30年-紀元392年)

子供の屍衣

© 2007 Musée du Louvre / Christian Décamps

古代エジプト美術
ローマ支配時代のエジプト(前30年-紀元392年)

執筆:
Roberta Cortopassi

この屍衣は、子供のミイラのものである。屍衣の中央には、二本の柱を持つナオス(祠堂)の形をした棺が表され、その中に子供が描かれている。ナオスのペディメント(破風)には有翼太陽円盤、および二匹の聖蛇ウラエウスが描かれている。子供の身体の中央部は、建築に用いられるような幾何学模様の網細工で覆われ、その上には有翼スカラベが描かれている。葉と果実の装飾が額縁のように屍衣の絵図全体を囲んでいる。布の上端は、房がついた透かし状の帯になっている。

豪華に着飾った子供

子供は正面を向いている。丸い頭部と肩は、灰色のバックから浮き上がって見える。白い貫頭衣には、クラヴィ、ネック・バンド、肩のメダイヨン、手首の二重の装飾バンド、下方には直角に入った縁取りなど、豪華な綴れ織りの装飾が施されている。貫頭衣の下からは足首が見え、サンダルを履いている。宝飾品も多く、ブッラ(球状の飾り)付きの金属製首飾り、円筒(魔よけの呪文が書かれたお守りが入っている)がついたもう一つの首飾り、両手首のブレスレット、そして左手に2個の指輪がついている。宝飾品の絵図は、首飾りを除いて、全て化粧漆喰に彩色されたもので、子供は両腕を胸の上で曲げられ、右手はブッラを、左手は、「無罪の冠」を握っている。両肘はナオス型の棺の枠からはみ出ているが、これによって絵に奥行きが出ている。身体の中央部すなわち胴から腿までは網細工で覆われている。子供の図像は、二本の柱と、有翼太陽円盤が描かれたペディメントからなるナオス(祠堂)をかたどった棺の中に配置されている。絵師が黄色と赤色で描いた柱はパピルスの束でできており、パピルスは蘇生を象徴している。

エジプトの神々の加護のもとに

棺の両側には、挿絵が描かれている。上から下、左から右に見てみよう。まず最上段には、胸が露出した二人の泣き女が水差しを持っている場面が、ヘレニズム様式で描かれている。次段には、イシス女神とネフティス女神が翼を広げて守っている場面。きわめて欠落が多い三段目左の挿絵には、アヌビス神とともにいる死者の生前の姿。右にははオシリス神、もしくはオシリス神の姿をした死者とその両側にアンク記号。そして、その次の段、左は、ミイラ処理をするアヌビス神、これもきわめて欠落が多い。右は、冥界の鍵を右手に握っているアヌビス神がミイラを抱えている場面。さらにその下段には、心臓計量の天秤の片側の皿にミイラが乗っている場面。右挿絵は裁判官のオシリス神。さらに最下段、左には、頭骸骨、二個のアンク記号、および蛇。右には、清めのテント、ウアベトを象徴している、4本の柱からなる建物。各図像は、黄色い点々が入った黒いバンドで縁取られている。中央上部に見える葡萄の房、鮮やかな色の花弁、葉などからなる模様は、額縁のようになっている。

社会的地位と年代決定

豪華な装飾が施されたコプト風貫頭衣は、1、2世紀に描かれた「ミイラ肖像画」に見られるような、クラヴィが付いただけのシンプルな貫頭衣とは対照的である。オリエントに影響を受けたコプト風貫頭衣は、3世紀から普及し始め、特に4世紀に流行した。この事実は、この屍衣が作られた年代決定の手がかりの一つになっている。
子供にしては驚くほど多くの豪華で豊富な宝飾品をつけているが、これは、この家庭の社会的地位を強調するものである。しかし、丸い漆喰でできたブッラ(球形)のペンダントと魔よけの呪文を内蔵する円筒ペンダントは子供用の宝飾品である。
絵画技術について言えば、顔面と胸部は蝋画が、それ以外の部分ではデトランプが駆使されている。
屍衣(AF6492)は、両側の挿画が子供のミイラの側面を覆うように作られていた。ミイラから剥がされた屍衣は、近代になって別布に貼られ、今日では、絵画のように展示されている。


作品データ

  • 子供の屍衣

    後3世紀

    アンティノポリス出土、A.ガイエの発掘

  • 亜麻布に蝋画とデトランプ、部分的に化粧漆喰

    高さ1.15m 幅0.62m

  • 1948年、ギメ美術館から移転

    AF 6486

  • 古代エジプト美術

    ドゥノン翼
    地上階
    ローマ支配時代のエジプト 葬礼美術
    展示室A

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する